2007年5月17日 (木)

護憲勢力は毎朝アメリカのほうを向いて三跪九叩頭するべきだな

憲法守れ 新たな出発(しんぶん赤旗)

 「憲法改悪反対」「参院選で改憲勢力に審判を下そう」の唱和が国会周辺に響き渡ります。改憲手続き法の強行に抗議し、憲法闘争の強化をめざす中央決起集会が十六日、東京・日比谷野外音楽堂で開かれました。国会に請願デモ後、国会前に座り込みました。緊急に呼びかけられた昼間の行動にもかかわらず三千二百人が集まりました。

 とりあえず、どのように成立させれば、強行じゃないのか説明してもらいたいものです。
 自分たちに都合の悪いことは「強行」、多数決をとっても「数の暴力」。
 いまさら何を言っても負け犬の遠吠え。国会の場で阻止できなかった自分たちの非力をまず反省すべきでは?

「やるしかない」と語るのは、山梨県の新日本婦人の会の石原靖子会長(60)。「『いまの政治はおかしい』と憲法署名をしてくれる人が急激に増えています。この三年間がたたかいの正念場と気持ちを固めています」と力を込めました。

 じゃあ、いつの政治はおかしくなかったのだろうか。反日勢力にとっては、いつの政治もおかしいんでしょ。

 群馬県から参加した女性(63)は、「法律が強行されてがっかりしていましたが、国会論戦での到達点や、住民過半数の憲法署名の達成が広がっているときき、群馬でも過半数めざし頑張ろうと確信がわきました」と話します。

 憲法が大好きなくせに、改正手続きが整備されないような違憲状態はOKという不思議。こんなところで、改憲の手続きすら反対とかわめいてないで、正々堂々と住民投票で決着をつければいいじゃないですか。
 まあ、それをやるとね、本当に決着がついちゃうから嫌なんでしょうけど。竹島問題の韓国と同じですね。ギャーギャー騒ぐけど、出るとこ出ると自分たちにとっては不本意な結末になるのがわかっているからね。

 主催者あいさつした新日本婦人の会の高田公子会長が、「世論に力強い変化が生まれています。改憲勢力の挑戦を受けてたち、二度と改憲を口にできないよう決着をつけよう。参院選で改憲勢力に怒りの審判を」と呼びかけると、大きな拍手がこたえました。

 平和が好きなくせに、なぜにここまで暴力的な思考なのだろうか。まあ、言論弾圧が共産主義者の本質なんだから、仕方がないのか。

 あいさつした日本共産党の市田忠義書記局長は、十八項目の付帯決議をつけるなど改憲手続き法自体が破たんしていると指摘。改憲派の暴走は国民の怒りと警戒を呼び覚まし、改憲派の中心に“靖国派”が躍り出たことで矛盾を深めていると強調しました。「憲法改悪反対の一点でゆるぎない多数派をつくる新たな出発点として総決起しよう」と訴えました。

 怒ってもいないし警戒もしていない、それどころかやっと違憲状態が解消されて喜んでいるわたしは、非国民でつか?

 自由法曹団の田中隆幹事長は、公務員の国民投票運動は国家公務員法などの政治活動禁止にふれず、教員の授業中の意見表明はいいなどの答弁を国会論戦で引き出していることを紹介。これからの運動で定着させようと呼びかけました。

 集会は、憲法改悪反対共同センターと国民大運動実行委員会が主催しました。

 少なくともどのような内容に変えるかすら決まっていないうちから「改悪」などという印象操作をしているようでは、いつまでたっても本当の支持は得られないでしょうね。
 そんな不毛なことをしているよりも、せっかく憲法が改正できるようになったんですから、憲法を改正できないように96条を改正する案を出せばいいじゃないですか。

 ほかをいじくられる前に、この部分を改正できればあなたたちの勝ちですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)