2006年8月 1日 (火)

こが~、古賀はいらんかね~

古賀氏、靖国神社の無宗教化に意欲(Sankei web)

 基本的には、前のエントリーと大した違いはないのですが

 日本遺族会会長を務める自民党の古賀誠元幹事長は30日、テレビ朝日の番組に出演し、靖国神社について「国民全体が尊崇の念を持てる施設として残すためには無宗教化があっていい」と述べ、「A級戦犯」の分祀(ぶんし)は教義上できないとする靖国神社から宗教法人格を外すことも念頭に、遺族会内で分祀論を活発化させる考えを改めて示した

 活発化させたいのは古賀であって、はたして遺族会はそれを望んでいるのか、かなり疑問です。というか、遺族会では分祀についての議論が活発ではないから、こういうものの言い方をするのかもしれませんが。

 古賀氏は「東京裁判を認めていないので、戦犯という言葉は使うべきではない」と述べた上で、「裁判以前に一国の指導者として(先の大戦に対する)結果責任は明らかにすべきだ」と指摘。靖国神社に兵役で召集された戦没者と当時の指導者が一緒に祭られていることに不快感を示した

 古賀は当時の指導者が一緒に祭られているのが気に入らないのですね。
 しかし、この理屈でいくと、「山本五十六」あたりは、分祀の対象として名前があがってもおかしくないと思うのですが、そういう話は聞きません。不思議です。
 結局、東京裁判を認めないと言いながら、「当時の指導者」=「A項戦犯」で話をすすめようとするところに、やっぱり古賀は特定アジア(とくに中国)の代弁者以外の何者でもないな、と思うわけです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月30日 (日)

最近古賀ネタが多くてウンザリです

「疑問の声許せない」と批判=昭和天皇メモで-自民・古賀氏(時事通信@Yahooニュース)

 自民党の古賀誠元幹事長(日本遺族会会長)は30日午前、テレビ朝日の番組に出演し、昭和天皇がA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示したとされるメモの信ぴょう性を疑う意見があることについて、「とんでもない議論があるのは残念。昭和天皇や英霊に対してもそういう議論は許せない」と厳しく批判した。
 また、「200万を超える人が、あの(太平洋)戦争で亡くなり、遺骨や遺品さえない人がたくさんいる」と指摘。「一国の指導者として結果責任を取るべきだ」と述べ、一般の戦没者とA級戦犯を分けて祭る分祀(ぶんし)が必要と改めて強調した。

 検証すらろくにされていないのだから、信憑性を疑うし議論があって当たり前。ここは言論の自由のある日本ですよ。わかってますか古賀さん?
 ついでに言うと、検証すらろくにされていないものをハイそうですかと信じられるあなたのおつむも疑いますが、いいですよね古賀さん?
 それに英霊に対してそういう議論は許せないと言うのであれば、今現在英霊として祭られている元A項戦犯に対しても、分祀するなどという議論は許されないことだと思いますが、そのあたりもわかってますか古賀さん?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

井筒は国賊

 パッチギの評価はいかに

http://www.youtube.com/watch?v=TIz9yZmbNGg

 採点不能( ´,_ゝ`)プッ

 ちなみにこの番組に出ている前田氏のサイト

「朝鮮人には謝罪して、友達になっていただく」でいいのか?

 まあ、監督もアレなら出演者もアレなのでしかたないのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

南京に続き、古賀の馬鹿が炸裂

中国側 A級戦犯分祀に期待(NHK) リンク先に動画あり

中国共産党中央対外連絡部の王家瑞部長は、北京で自民党の古賀元幹事長と会談し、靖国神社にまつられているA級戦犯を分けてまつる分祀について、「日本国内で受け入れられるのであれば、1つのよい方向ではないか」と述べ、検討が進むことに期待を示しました。

この中で王家瑞部長は「日本と中国の友好関係の流れは変わらないが、靖国神社の問題が障害になっている」と述べ、総理大臣の靖国神社参拝が繰り返されないよう求めました。その上で王部長は、古賀元幹事長が先に、靖国神社にまつられているA級戦犯の分祀を検討するよう求める提言をまとめたことについて「戦争を引き起こした人と一般の戦没者は引き離すべきで、混同してはならない。古賀氏の分祀論が日本国内で受け入れられるのであれば1つのよい方向ではないか」と述べ、古賀氏の提言を評価し、検討が進むことに期待を示しました。これに対し、古賀氏は「靖国神社の問題が日中間でわだかまりとなっていることは、政治家として責任を感じる。ほかの国から言われるのではなく、われわれみずからが国内問題として解決しなければならない問題だ」と述べ、靖国問題の解決に意欲を示しました。

 この間も書いたけどもう一度書いておく。

 古賀よ、支那の大地で朽ち果てろ!

 中国が何を期待しようがそんなものは知ったことではないし、馬鹿が思い描いているような意味の分祀など、受け入れられない。というか、国内問題なのだから、よその国が口出しするな。

 一般の戦没者と混同してはならない?
 違う。一般の戦没者と分けて考える必要がないというだけのこと。連合国の都合で、犯罪者扱いされ、一方的に裁かれた戦時下における犠牲者だ。そのような人達を、分けて考えろだなどというほうがおこがましい。

 何が「ほかの国から言われるのではなく」だ。わざわざ中国様にお伺いを立てにっているくせして、何を言う。本当に国内問題だと思っているのなら、わざわざ特定アジアなどと靖国やいわゆる「A項戦犯」について話をすることなど何一つないだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月18日 (火)

南京大虐殺記念館に中国の心の豊かさを感じる古賀誠

古賀氏、日中友好を強調 南京虐殺記念館を訪問(共同通信@yahooニュース)

 【南京17日共同】中国訪問中の自民党の古賀誠元幹事長は17日、南京市の南京大虐殺記念館を訪れ、献花した。同記念館によると自民党有力者の訪問は1998年に党幹事長代理だった野中広務元幹事長以来、8年ぶり。古賀氏は記者団に「(過去を忘れず未来を大事にするという)中国側の姿勢に心の豊かさを感じた」と述べた。
 南京事件の犠牲者数などをめぐり、日中間には見解の相違があるが、古賀氏は「複雑な気持ちだが、(改装中の)
記念館が日中友好の証しを資料の中に残すことが大事だ」と強調した。

 今さらながら思う。こいつの頭おかしいんじゃないの?
 南京大虐殺記念館で、中国の心の広さを感じただ?
 で言うに事欠いて、デタラメ記念館が日中友好の証し?

 もう日本に帰って来なくてもいいよ。そのまま支那の大地で朽ち果てろ。

| | トラックバック (1)