2007年6月 7日 (木)

李登輝さんが靖国を参拝されました

台湾の李前総統、靖国神社を参拝 「個人的行為」と説明(asahi.com)

 来日している台湾の李登輝前総統(84)は7日午前10時ごろ、東京・九段の靖国神社に参拝した。関係者の話によると、本殿に上がり黙祷(もくとう)したという。李氏の兄は第2次大戦中、日本が植民地統治していた台湾から日本軍兵士として出征、戦死して、靖国神社にまつられている。李氏は「62年前に別れた兄に頭を下げる個人的行為だ」と説明した。

 中国などから政治的な圧力がかかる中、李登輝氏の思いが遂げられたことを素直に喜びたいと思います。本来であれば、静かな環境でゆっくりと参拝していただきたかったところですが、それができない現在の日本をちょっぴり恥ずかしく感じてしまいます。

靖国神社への参拝を終えた台湾の李登輝前総統=7日午前  靖国神社には、李氏の実兄、故李登欽氏が「岩里武則」の日本名でまつられている。登欽氏は海軍兵士としてフィリピンで戦死したとされる。参拝時間は約40分。参拝形式について、神社側は「個人の参拝なので説明は控えたい」という

 日本人でなく、それも一個人に、「参拝形式」について質問するなど、あきれ果てますね。恥を知れと。

 そういえばこういう状況にぴったりの発言を同じマスゴミ人がしていましたね。

「くだらないことを聞くなよ。ジャーナリストなら、もうちょっとまともなことを取材したらどう?」 by 本田雅和

【追記】
Sankei Webより

 李氏は参拝を前に宿泊先のホテルで記者会見し、「靖国神社に参ります。62年間、会ったことのない兄を靖国神社で合祀し、遺霊を守ってくれることに感謝してきます。これは個人的な立場であり、政治的にも歴史的にも(関連づけて)考えないでください」と目頭を押さえて、実兄を思う弟の気持ちを訴えた。

 わたしの目頭も熱くなってきましたよ。日本と靖国を理解して、感謝してくれる。こんなにうれしいことはないです。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2006年8月22日 (火)

東条女史。お疲れ様でした。

【ソウルからヨボセヨ】 東条さんの健闘(08/19)(Sankei Web)

 A級戦犯として処刑された故東条英機首相の孫娘の由布子さん(67)が韓国のテレビに出演し大健闘した。KBS(韓国放送公社)テレビが「8・15」特集番組として13日夜に放送したドキュメンタリー「靖国との戦争-靖国と3人の女性」で、番組の最後に行われた討論の際、靖国神社反対運動を展開している韓国と台湾の女性を相手に静かに堂々と反論を展開し、戦没者慰霊をめぐる日本人の立場と“気持ち”に理解を求めたのだ。

 台湾代表は反日活動家の国会議員で韓国代表は戦没者の遺族。由布子さんはとくに韓国代表に対し「日本人として共に戦って亡くなられたお父さんの御霊(みたま)を靖国神社からはずすなどということを、果たしてお父さんは喜ばれるでしょうか。当時のお父さんの気持ちをもっと大切にしてあげるべきではないでしょうか」と語りかけた。台湾代表は手を振り上げ演説調の日本糾弾に終始し、韓国代表は興奮して座を立ってしまった

 放送後の視聴者の反応は「日本人の主張には同意しないが討論は日本人の勝ち」というものだった。そして感情むき出しでしか対応できなかった韓国代表に歯ぎしりし「もっとちゃんとした討論者をなぜ出さなかったのか」とテレビ局へのおしかりが多かったとか。(黒田勝弘)

 ちょっと前の産経の記事です。この様子、動画で見たいなと思っていたのですが、エンコリできてました。

KBS登場の東條さん エンコしたけど 見る?(enjoy Korea)

 台湾代表は、予想通り高金素梅。韓国代表は、そこらのオバハン。
 相手がなにを言っているのかは、わかりませんけど、東条さんの話している部分だけで十分ですね。終始穏やかな口調。でも引かない。言っていることはもちろん正論。
 役者が違いすぎ。勝負にならないですな。これじゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

オーマイニュース、炸裂!!

小泉首相は無責任だ(OhmyNews開店準備中Blog)

 とりあえず、無責任だといって非難しておけばカッコウがつくだろうという程度の、記事ともいえない記事ですね。
 というか、新メディアを自称する割には、そこらにあるコメント欄を閉じた左系のブログと何が違うんだろうという気がしてならないです。

公用車の使用

 もし参拝の途中などで、大地震など(まあ、特定アジアが攻めたきたでもいいけど)の有事が起きたとしたらどうでしょう。首相はすぐに官邸に戻り対応しなければいけないですよね。ここでもし、公用車ではなく、タクシーなどを使用した場合、迅速な対応が取れるのかというとかなり疑問です。私的なことであろうと、公務とは常に隣り合わせの生活を強いられる以上、公用車の使用も特に問題ないものと考えていいのでは?
 このような状況で、有事が起き対応が遅れた場合、ここぞとばかり首相たたきが起こるのは想像に難くないですしね。(対応ができる状況にありながら対応しなかったいつぞやの首相もいましたけど)

考慮?

 参拝に反対で迷惑に思っている人がいることは確かでしょうね。では、そのような人に配慮し、参拝しなければ問題は無いのでしょうか?その場合、配慮されなかった賛成派の心情はどうでもいいのでしょうか?
 わたしは、小泉首相は賛成派、反対派のどちらの意見も考慮していないと思いますけどね。
 このような意見が割れているような状況で、どちらかの意見を考慮して行動を起こすようでは、それこそ無責任だと思いますが。

特定アジアへの配慮

 韓国は元A項戦犯の合祀にとどまらず、靖国神社そのものを否定するような見解ですし、中国は中国で、江沢民が「日本に対しては歴史問題を永遠に言い続けなければならない」と指示しています。
 これだけ見ても、すでに話し合いなどという余地はないかと思いますが。特定アジアの言い分を聞いたところで、彼らは手を変え品を変え日本を攻めてくるのは明白で、特定アジアへ譲歩した見せ掛けだけの友好など、日本にどのような利益をもたらすのか疑問です。
 こういうと、「日本はかつて悪いことをしたのだから、国益を度外視しても特定アジアの感情に配慮すべし」などといういわゆる良心的日本人もいるかもしれませんが、はたして自国の国益すら考えられないような人間が一国の首相足りえるのでしょうかね?(そういえば、お隣に北への配慮に熱心になるあまり、国益を損ない国を孤立させてしまった大統領がいましたっけ)

アジアの被害

 確かに先の戦争では、アジアの国々に大きな被害が出たのは間違いないでしょう。悲しむべきことですし、日本の責任も大きいでしょう。
 では日本は一方的な加害者なのか?
 朝鮮とは戦争すらしていないですね。ハイ終了。
 中国とは戦争をしていたのですから、双方に被害が出るのは当たり前。いまどき南京大虐殺など持ち出したところで説得力なし。(虐殺を語るなら、通州事件やソ連参戦による虐殺も語りましょうよ。)
 さて、たとえ本当に「南京大虐殺」なるものがあったとしても、それは中国の指導者が戦略をミスったからですよね。
 東京大空襲や広島や長崎の原爆による虐殺が、日本の指導者の判断ミスによるものであり、その責任を当時の戦争指導者とされる元A項戦犯に求めるのであれば、中国における中国国民の被害の責任は当時の中国指導者に求めるのは、なんら問題ないはずです。
 あと、アジアの被害を語るなら、終戦後、日本で東京裁判が行われ「平和に対する罪」などというご大層な罪を問われている最中に、連合国の一員であった国々が、アジアに舞い戻り何をしたかもぜひ語ってほしいです。(もしかして、荒廃したアジアの復興のためですか?w)

無責任

 アジアといいながら、結局特定アジアなところが、昔ながらの思考から抜け出せていない感じですね。それに当時のアジアのおかれた状況についても、小泉さんを、靖国神社を、そして日本を非難するのに都合のいいところだけを恣意的に使用していますね。

 自虐史観ではないといいながら、「日本は昔悪いことをしたね」の視点からしかものを語っていないですし。

 アジアにだっていろいろな考えを持った人がいるわけで、不特定多数が目にする記事を書く記者という立場になるのであればもっと慎重になるべきで、あまりにも無責任だ。

 これでは、自分の思うところを好き勝手に書き綴っているブログと一緒。個人的にやっていればいいです。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年8月15日 (火)

小泉さんが靖国を参拝しましたね

 正装で昇殿参拝、「内閣総理大臣 小泉純一郎」と記帳。礼は一度だけのようですが、しっかりと参拝したと言えるでしょう。
 特定アジア、マスゴミ、馬鹿野党は予定通り騒いでいるようですが、小泉さんは、日本国民の代表としての責務を果たしただけで、靖国参拝について何ら非難されるいわれはないですね。

 さて、これに先立ち、わたしも本日靖国神社へ参拝に行ってきました。
 去年も行ったのですが、あまりの人の多さと暑さに参ってしまい、次はもう8月15日にはいかないだろうなといっていたのですが、結局朝一番で行ってきました。
 ちなみに、昨日までは田舎に帰郷しており、真夜中に車を走らせ今日の朝4時にこちらに戻ってきました。その後ちょっと準備をして、5時すぎには出発。かなりハードなスケジュールでした。
 朝方は雨も降っていたし、やっぱり眠いし疲れているしでどうしようかと思ったのですが、ニュースで首相の靖国参拝に向けての支那のキチガイ反日ぶりをやっていて、こういうむかつく映像を見せられるとやっぱり行くしかないなと。

CA330010

 6時すぎには到着。雨はまだほとんど降っていませんでした。
 開門が6時だというのに、すでに多くの人が来ていました。

CA330018

 このような横断幕を掲げた人達もいました。ちなみに、この時点では、小泉さんはまだ来ていません。

CA330021

 拝殿前。鳥居をくぐった左側に報道陣が群がっておりました。
 ちらっと見ただけですが、KBSなんかも来ていたようです。
 確かに朝早くから多くの人が来ていましたが、さすがに参拝するまで並ばなくてはいけないなどということはなく、すんなりと参拝終了。

 この後から、雨がぽつぽつと降り出してきました。

 空にはヘリも飛び、もしかしたらそろそろ小泉さんが来るのではとも思いましたが、雨も降っているし、疲れてるしで、いつ来るかもわからないものを待っているほどの気力はありませんでした。w

 と、そんな中、突然横の道が騒がしくなりました。

CA330029

 報道陣が一斉に走っていきます。
 遠くからなのでよく見えませんでしたが、ヘルメットにマスクといった出で立ちのキティちゃんが、車で乗りつけ騒いでいるようでした。それに対し、右翼?も何やら攻撃をしかけている模様。しばらくして警察に治められたようですが、これですっかり気分が悪くなってしましました。

 靖国神社には、様々な思いをもって参拝に来る方々がいるでしょうが、静かに参拝したいという思いは、皆同じだと思います。
 そのような思いを、靖国神社が気に入らないからというだけで騒いで踏みにじるような行為は、非情に腹立たしいです。

 そんな訳でムカムカしながら、早々に帰ってきたのですが、テレビをつけると小泉さん参拝でマスゴミが騒いでいたというわけです。
 各社色々やってましたが、なかでも鳥越と加藤紘一の馬鹿には正直ウンザリでした。

【追記】
今ヤフーでこのようなアンケートをしていますね。

日本の首相が靖国神社を参拝することについてどう考えていますか?(トップページ右下)

 結果はこの通り

chousa 15日17時30分時点

 圧倒的に問題なしが多いですね。
 まあネット上の調査ですから、ある程度は差し引いてみるべきなのでしょうが、ではマスゴミがやるような世論調査が公正で正確かというと、やはり素直に信じるのは危険なように思います。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年8月11日 (金)

今年もまた、奴が来る!

元日本兵の台湾遺族、靖国神社合祀取り消し求め提訴へ(YOMIURI ONLINE)

 【台北=石井利尚】台湾の先住民の高金素梅・立法委員(国会議員)は9日、台北で記者会見し、元日本兵の台湾先住民の遺族が、靖国神社に合祀(ごうし)されている元兵士の合祀取り消しを求める訴訟を大阪地裁に起こすため訪日することを明らかにした。

 台湾先住民族で組織した「高砂義勇隊」の遺族で、日本の遺族とともに、11日に提訴するという。

 この高金素梅、今さら言うまでもありませんが、中共の息のかかった反日アジテーターです。ちなみに去年も来日しましたが、靖国神社で門前払いをくらいました。( ´,_ゝ`)プッ

 こういう記事を見ていると、高金素梅は先住民遺族を代表しているかのように錯覚させられ、やっぱり台湾も反日なのか?というような印象を与えますが、決してそのようなことはなく、どちらかと言えば先住民の間でも厄介者のようです。

 歴史も知らず、ただ反日のためだけに騒ぎたてる高金素梅のような人間こそが、日台関係における害悪と言えるでしょう。

【参考】
高金素梅の来日は台湾人を代表しない
高金素梅とは

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 9日 (水)

その、工作員の素顔は・・・

靖国問題に火を付けたのは報ステの加藤千洋だった!(YouTube)

加藤工作員(google)

加藤工作員(Yahoo!)

どちらで検索してもトップに出てくるのはこの人

katouphoto

みんなの工作員、加藤千洋。

 当時はさほど問題ではなかった靖国神社。中曽根元首相の公式参拝についても政教分離や防衛費のGNP1%枠に絡めて語られていました。ちなみに、A項戦犯に絡めた記事もほとんどありませんでした。(図書館でわたしがざっと流し読みしてそう感じただけですが)
 まあ、普通に国内の問題として扱われていたということです。

 そこへ一石を投じたのが我らが朝日新聞が誇る、スペシャルでデリシャスな工作員。加藤千洋。

 加藤が種をまき、社会党がチクリ、中国が乗っかる。みごとなれんけいぷれいでつね。

 ところで、この加藤工作員がどのような記事を書いていたか気になりませんか。

 それではどうぞ。(時間がないので雑スキャンです)

katou

 侵略戦争、植民地、南京大虐殺など、香ばしい単語が散りばめられたなかなかの電波記事です。さらりと82年の教科書問題(朝日が一生懸命煽っていました。でも誤報)を持ち出すところも、侮れません。

 さすが朝日ですね。死ねばいいのに。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年8月 8日 (火)

今の国に靖国神社を任せてもいいのか?

麻生外相、靖国神社の非宗教法人化を(Sankei Web)

≪最終的に特殊法人に移行へ≫

 麻生太郎外相は8日午前の閣議後の記者会見で、靖国神社問題に関する見解「靖国に弥栄(いやさか)あれ」を公表した。宗教法人の靖国神社が全国の護国神社とともに自発的に解散して非宗教法人化し、最終的に特殊法人「国立追悼施設靖国社」(仮称)に移行させ、国家護持することを提唱している。「靖国社」の慰霊対象は特殊法人の設置法に明記し、「A級戦犯」分祀(ぶんし)を念頭に「国会が国民の代表として議論を尽くし、決断すべきだ」としている。

 靖国神社をめぐっては、安倍晋三官房長官が4月に参拝していたことが判明、小泉純一郎首相の8月15日参拝が注目されている。また、非宗教法人化は自民党の古賀誠元幹事長や中川秀直政調会長らも提唱している。党総裁選に出馬する意向の麻生氏は、靖国問題について「政治的取引材料にすることはあってはならない」との立場だが、靖国神社が現状のままであれば、首相に就任しても参拝を自粛するとみられる。

 麻生氏は見解で、靖国が唯一の戦没者追悼施設であると指摘。戦後、宗教法人とされたことについて「国家がなすべき戦死者慰霊を一宗教法人に丸投げした」と批判し、非宗教法人化による「国営化」の必要性を強調した。そのうえで、靖国神社が自発的に任意解散手続きをとり、財団法人などを経て特殊法人化する手順を示している。

 麻生氏は、こうした手続きによって天皇陛下や首相、外国首脳の靖国参拝が可能になるとして、「(手続きに)何年も費やすべきではない」と結んでいる。

 わたしは、麻生さんの政治姿勢は基本的に好きだし、外交姿勢も評価しています。ただし、最近の麻生さんの靖国神社に対する姿勢だけはちょっと気になっていました。
 7日の麻生さんのHPにおいて8日に私見を発表するとのことでしたので注目していたのですが、残念ながらこの点においては麻生さんは支持できないなという感じです。

 ちなみにわたしは、国家護持賛成。
 麻生さんも言っているように「国家が戦没者の慰霊をすべき」だと思っています。が、今の国に靖国神社の管理を任せるべきかというと、それは絶対に反対です。

 なぜ今、国家護持はダメか。一言で言うなら、

 今の国からは、御霊の安らぐ靖国神社という場を何があろうとも守り通すという覚悟が感じとれないから。

 今、国の管理下に置かれたら、間違いなく政治的な思惑による元A項戦犯を始めとした魂の選り分けが始まります。これがどれほど不遜なことかは、ちょっと考えればわかるでしょう。分祀などといっていますが、魂の差別です。
 また、麻生さんがいくら「政治的取引材料にすることはあってはならない」と言ったところで、元A項戦犯の分祀などという前例を作ってしまえば、政治的に利用されることは目に見えています。特定アジアや国内の反日団体の圧力などにより、前例があるからという理由で「政治判断」がなされないとは言い切れないでしょう。

 靖国を国の追悼施設とするなら、その時の政権や外交関係により慰霊対象がころころ替わるなどということはあってないけないのです。国会議員の議論によって分祀が決まるというなら、「誰々を分祀する」ということが政権公約になるかもしれません。そんな馬鹿な話があっていいわけがないです。
 政治介入を目的とした国家護持など必要ありません。

 靖国神社を国家護持とするならば、最低でも三権からの完全な独立を憲法に明記するぐらいでなければダメでしょうね。

【追記】
麻生さんのHPに、全文が載せられています。

靖国に弥栄(いやさか)あれ

 さて、これを読むと、新聞記事にあるような元A項戦犯の分祀に直接言及したような記述はありませんでした。ちょっと、乗せられたかな。
 ただ、このような事も書かれています。

 それではいったい、どういう人々を慰霊対象とすべきなのか。周知のとおり、ここは靖国を現在もっぱら政治化している論点にかかわります。だからこそ、あいまいな決着は望ましくありません。「靖国を非政治化し、静謐な鎮魂の場とする」という原則に照らし、靖国社設置法を論じる国会が、国民の代表としての責任にかけて論議を尽くしたうえ、決断すべきものと考えます。  
  注意していただきたいのは、この時点で、宗教法人としての靖国神社は既に任意解散を終えているか、その手続きの途上であるか、あるいはまた過渡期の形態として、財団法人になっているかしていることです。すなわち
慰霊対象の特定、再認定に当たり、「教義」は既に唯一の判断基準ではなくなっています

 言い回しとしては、かなり微妙…
 宗教法人ではなくなった後の話としてですが、教義以外の判断基準もあり得るということですね。
 では、教義以外の判断基準はなんなのかというと

靖国社設置法を論じる国会が、国民の代表としての責任にかけて論議を尽くしたうえ、決断すべき

 やっぱりこれになっちゃうの?
 結局、上に書いたような魂の選別が始まってしまうような気がします。誰々を慰霊対象にするから、では某は妥協して慰霊対象外にするみたいなね。これじゃ政治の駆け引きと変らないよ。
 今まで祭られていなかった空襲などで亡くなった方々を新たに慰霊対象にするとかならわかるけど、今祭られている英霊の再認定というのは、やっぱり違和感を覚えます。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

何度でも言おう。特定アジアに配慮など無駄。

韓国人の見解「靖国神社に安置されている全てが戦犯」(enjoy Korea)

靖国神社に安置されている『戦争で命を失った人々』は戦犯だ。他の国に対する武力攻撃を企てたり加わったりした加害者達である。彼らは死ぬ前に既に隣国の多くの人々の命を奪い取った。彼らは哀悼を受ける資格がない者達だ。

 中国もそうでしたが、その属国である南朝鮮も、元A項戦犯を分祀(できるとしたらですが)したところで二国間の関係改善などというものには全く繋がらないということがよくわかりますね。

 元A項戦犯を分祀して(特定)アジア外交の立て直しをするとかいっている連中は、まず、このあたりからきちんと説明すべき。
 お前らのことだよ>山崎、古賀、加藤、谷垣、小沢、その他大勢の馬鹿政治家

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年8月 6日 (日)

朝日新聞が報じたA項戦犯の赦免

戦犯赦免釈放決議・S33.4.8朝日新聞赦免報道

http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/15202.wmv

 チャンネル桜で放送されたもののようですね。
 この頃の朝日は、戦犯と呼ばれた人達の赦免や、責任については問題としていなかった。では、当時問題ではなかったことをなぜ今になって殊更問題として取りあげるのか、朝日は、まずその点から説明すべきなのではないでしょうか。

           ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          (-@∀@)<  認めたくないものだな・・・アカさゆえの過ちとは
        _φ 朝⊂)__ \___________________
      /旦/三/ /|
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
    | オビニオソ |/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

天皇を政治利用する古賀誠

遺族会が分祀検討へ、古賀氏「昭和天皇の思い大切に」(YOMIURI ONLINE)

 日本遺族会会長の古賀誠・自民党元幹事長は25日昼、都内で講演し、昭和天皇が靖国神社参拝を中止した理由がA級戦犯の合祀(ごうし)だったことを裏付けるメモが見つかったことについて、「涙が出る思いがした。あの思いを遺族は大切にしたい。最も重いものとして受け止めたい」と述べた。

 さらに、「遺族会も勇気を持って分祀問題に真正面から取り組む姿勢が大事だ。誰もがわだかまりなく、皇室の方々もお参りできるための対応こそ、我々がやらなければならない」と述べ、分祀を本格的に検討する考えを示した。

 この短い記事、最初から最後まで古賀の一人ごとですな。
 それを遺族会の総意みたいな記事のタイトルをつけるなんて、まるで朝日みたいです。読売もどんどん落ちていきますね(メモの信憑性も問題にしていないし)

 ところで、遺族会は靖国の問題よりも先に解決すべき問題があります。

 遺族会は勇気を持って古賀を解任しましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)