2006年11月 2日 (木)

ダライ・ラマ来日

ダライ・ラマが来日 東京や広島などで宗教活動(西日本新聞)

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が30日、広島県内の宗教団体の招きで来日した。11月12日まで滞在し、東京都内や広島県内などで法話などの宗教活動や講演を行う。

 チベット独立の精神的象徴でもある14世を「分裂主義者」と位置付ける中国政府は入国させないよう日本側に求めているが、政治活動を行わないことを条件に政府は入国を認めている。

 ダライ・ラマが来日していたんですね。それも、先月の30日から。
 今日になって、2チャンネルで知ったんですが、ナニ、このマスコミのスルーっぷりは?
 ここまでまるっきり報道されないと異常といっても過言ではないですね。

 日本政府も日本政府。
 なぜ、「政治活動を行わないこと」などと条件をつける必要があるのでしょうか。
 特別永住資格とかを持っている怪しげな外国人どもは、平気で政治活動しているのに。

| | コメント (2) | トラックバック (1)