« スレッド vol.2 近日発売 | トップページ | マイク・ホンダに法則発動か? »

2007年8月30日 (木)

家出して朝鮮人にだまされて慰安婦になったニダ

兵士に殴られ、体に入れ墨・刀傷… 在日慰安婦苦しみの記憶(東京新聞)

 日韓メンバーによる異色ドキュメンタリー映画「オレの心は負けてない」がこの夏、完成した。1990年代に「在日」としてただ一人、「旧日本軍の慰安婦だった」と名乗りを上げ、10年に及ぶ国家賠償裁判を闘った宋神道(ソン・シンド)さん(85)=宮城県在住=と、支援者たちとの交流を描いた。裁判には敗れたが、苦しみの記憶をさらけだした宋さんの言葉は熱く未来に向けられている。 (佐藤直子)

 喜怒哀楽たっぷり、早口の東北弁で話す宋さんがスクリーンに映し出される。今月下旬、東京都内で開かれた初の上映会で、宋さんは何度も目をこすった。「自分(のこと)なのにおかしいな」

 宋さんは二二年に日本植民地下の朝鮮半島忠清南道で生まれた。十六歳のときに親の決めた結婚から逃げ出し、「戦地でお国(日本)のために働けば、結婚しなくても生きられる」と言う朝鮮人にだまされ、旧日本軍が占領した中国の街の慰安所に連れて行かれた。

 それから日本が敗れるまでの七年間、砲弾の音が響く前線で将兵の性の相手を強要された。逃げたくても逃げられなかった。「逆らったら、殺されるべ」。兵士に何度も顔を殴られ、耳はよく聞こえない。腕には「金子(かねこ)」という日本名の入れ墨。身体のあちこちには刀傷が残る。

 四六年五月、「結婚しよう」と言った軍曹の言葉を信じて引き揚げ船で日本に渡ったが、博多港に着いた途端に置き去りにされた。途方に暮れた宋さんは在日同胞の男性と暮らし始めたが、日本国籍を持たないために恩給も支給されなかった。

(中略)

 「日本人は(日本を)恥ずかしくないよう生きていける国にしなきゃ。戦争は二度とダメだ。国のためじゃない、自分のためだ」。宋さんの願いはただ一つしかない。

 「意外と正直ですね」とでも褒めてあげるべきなのでしょうか。
 まあ、つらい目にあったということまでは否定する気はありませんが、家出娘が不逞な輩にだまされて売春させられる程度のことは、今の日本でもたまに目にするようなニュースです。
 発端は本人の家出であり、諸悪の根源は欺した朝鮮人であり、そういった部分をさっ引いてすべて日本の責任とは、ご都合主義もいいところです。せいぜいが悪質な業者を取り締まれなかったことに対する責任であり、強制連行とか性奴隷などとは別次元の話ですね。

 しかし、砲弾が飛び交う前線でチョメチョメなんて、そりゃ戦争にも負けるわさ。

|

« スレッド vol.2 近日発売 | トップページ | マイク・ホンダに法則発動か? »

慰安婦問題 」カテゴリの記事

コメント

朝鮮人にだまされたのに、どうして日本の責任になるんでしょうねw
まあ、ブローカーは100%朝鮮人だったようですから騙されて連れてこられた人は、日本政府にいつまでも集っていないで前向きに生きて欲しいです。
老い先長くないんだし

投稿: | 2007年8月31日 (金) 17:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/16289700

この記事へのトラックバック一覧です: 家出して朝鮮人にだまされて慰安婦になったニダ:

« スレッド vol.2 近日発売 | トップページ | マイク・ホンダに法則発動か? »