« 過去の認識はともかく、現在の判断としては正しい | トップページ | 拉致は日帝支配の等価交換です »

2007年7月11日 (水)

北京五輪を見に行った人の寿命は確実に縮むような気がする

仰天! 段ボール紙詰めた肉まん販売 比率は約6対4(SANSPO.COM)

 11日までの中国中央テレビなどの報道によると、使用済み段ボール紙を煮込んで詰めた偽の肉まんが北京市で違法に販売されていたことが分かった。

 報道によると、段ボール紙入りの肉まんを販売していたのは、同市朝陽区の複数の露店。段ボール紙を劇物のカセイソーダ(水酸化ナトリウム)の溶液に浸して黒っぽく変色させ、さらに煮込んで柔らかくした上で豚肉と混ぜ合わせ、肉まんの中身にしていた。市当局者が関係者を取り調べている。販売数、健康被害の有無は不明。

 露店関係者は同テレビに「段ボール紙と豚肉の比率は約6対4。住民、出勤途中の勤め人らが買っていた」と説明した。

 北京市内には多くの露店が立ち並び、肉まんやギョーザ、肉のくし焼きなどを販売。安価で、市民に親しまれている。(共同)

 こんなニュースは日本のためになりませんね。
 牛肉偽装が、かわいらしく見えますから。

|

« 過去の認識はともかく、現在の判断としては正しい | トップページ | 拉致は日帝支配の等価交換です »

特定アジア・中国」カテゴリの記事

コメント

中国は紛争地域じゃないけど治安・衛生面で大きな問題があるので外務省は「渡航自粛勧告」を出すように。

出来れば日本人は誰も渡航させず現在居住してる人にも帰国を促すべし。

投稿: 蝦夷王 | 2007年7月12日 (木) 00:53

>蝦夷王様
へたれ外務省には絶対に無理そうですな。
でも、自粛勧告まで行かないにしても、もう少し注意を促す必要はあるでしょうね。
「同じアジアの発展著しい国」程度の認識しか持たない人には非常に危険な国だと思います。

投稿: yuga | 2007年7月12日 (木) 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/15728444

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪を見に行った人の寿命は確実に縮むような気がする:

» 段ボール饅始めました! [とっちのブログ]
 昨日からネット上で賑やかになってますが、ようやくアカヒから記事が出ましたので(記事にしないかと思いましたよ w)引用します。 asahi.com:「偽肉まん」は、豚肉と段ボールの割合が4対6 中国 2007年07月12日23時44分  中国産の食品や薬品に対し各国で不信感が高まる中、中国の国内に流通する食品からも相次いで「偽物」が見つかっている。地元メディアの報道で次々と暴露され、市民の不安は高まっている。  どろどろに溶かした段ボールの固まりをひき肉に練り込んでいる隠し撮り... [続きを読む]

受信: 2007年7月13日 (金) 16:11

« 過去の認識はともかく、現在の判断としては正しい | トップページ | 拉致は日帝支配の等価交換です »