« トミ子伝説 | トップページ | みごとな切れ味です »

2007年7月 6日 (金)

説得力のある人物を連れてきてください

台湾の元「従軍慰安婦」被害者証言(しんぶん赤旗)

「看護婦に」とだまし連行

 「慰安婦は“性奴隷”ではなく、公娼(こうしょう)である」―。自民、民主両党の「靖国」派国会議員が米紙(六月十四日付)に掲載した全面広告の一節です。自らの意思で行ったかのように史実を偽り、強制はなかったと主張しています。旧日本軍の「従軍慰安婦」被害者たちは戦後六十二年をへて、今度は戦争を知らない国会議員らによって、再び傷つけられています。(本吉真希)

 戦前、日本の植民地下にあった台湾から阿媽(あま=おばあさん)六人が来日し、六月二十八日、東京都内で証言しました。

 養母と茶摘みをして生計を立てていた盧満妹さん(80)は、「十七歳のとき、看護婦にならないかとだまされて中国の海南島へ連れて行かれた」。台湾より給料がいいともいわれました。

 盧さんは日本兵の相手をさせられ、妊娠。八カ月の身重になるまで解放されませんでした。台湾に帰り、男の子を出産しましたが、マラリアにかかり、三十八日目に子どもは亡くなりました。

 「十七歳だった私が本当に自分の意思で行ったのでしょうか」と盧さんは訴えます。

 日本語で証言した鄭陳桃さん(84)。一九四二年六月四日、高等女学校への通学途中、いつものように派出所の前を通ると、日本人の警察に呼び止められました。「ジープで学校に送ってやる」。警察を恐れていた鄭さんは断ることもできずに乗りました。

 ジープは学校の前を通り抜けました。着いた先は小さな旅館。「魏」という姓の夫婦に引き渡されました。ほかに二十余人の若い女性がいました。

 翌日、高雄のふ頭から「アサヒマル」という軍艦でインド洋のアンダマン島へ。一年二カ月後には、サイパン島へ連行されました。鄭さんも妊娠しました。

 陳樺さん(82)はフィリピンで看護助手を募集しているといわれました。「ナカムラ」という日本人が養父に出国の同意を執拗(しつよう)に迫りました。養父が断ると、「多くの看護婦が死を恐れずに戦地に赴いた。陳家も国のため、兵士のため、何かすべきだ」と繰り返しました。養父は同意せざるを得なくなりました。

 フィリピンのセブ島に着き、「慰安婦」として来たことを初めて聞きました。「(連行された大きな建物が)慰安所とわかり、一緒に来た子たちと泣いた」といいます。

 黄呉秀妹さん(89)は四〇年から約一年、中国広東省で被害を受けました。「具合が悪くても拒否すれば刀を取り出し、脅迫した。私は子どもを産めない体になった。いまも体がボロボロです。安倍首相は私たちの悲劇をご存じでしょうか。日本政府に謝罪してほしい」

 「慰安婦」被害者の証言は参加者に衝撃を与えました。初めて証言を聞いたという大学四年生の女性は「そのまま無視してはいけないと思った」と感想を語りました。

 以前から日本を相手に訴訟を起こしている面々のようです。
 台湾人慰安婦に関しては、調べたことがなかったので簡単にググってみました。
 証言内容については、朝鮮人慰安婦のように崩壊しまくっているという感じはなさそうです。
 ただし、最後に出てきた黄呉秀妹さんの証言ではこのようなものを見つけました。

台湾の元「慰安婦」裁判を支援する会より

9歳のとき、トンヤンシーとして売られました

養父は早く亡くなったため、
養母はわたしを咎め、
わたしに辛く当たり、屏東の酒場にわたしを売りと
ばしました


23歳になって、店主にお金を払って自由の身になりたいと思い、ちょうどそのころ
海外で働く人を募集している人がいたので、何もわからないままついていきました

わたしのほかに3、40人の娘を乗せた陸軍の軍艦が出航しました。

広東に着いて、仕事というのが「慰安婦」だということを、はじめて知りました。

 強制の「きょ」の字もありませんが何か?
 当時ありがちな、親に売られ辛い人生を送ったということに関しては同情の余地もありますが、その後がいけません。

何もわからないままついていきました

 (゚Д゚)ハァ?
 これって、どう見ても日本の責任というよりは、いわゆる「自己責任」ってやつじゃないんですか? 以前の店をやめる資金に前借金も作ったでしょうから、「やっぱりやめます」とはいかないでしょうしね。 
 仕事の内容も確認せずにホイホイとついて行ったのでは「自らの意思で行った」と見なされてもしかたがありませんし、「強制はなかった」と主張しても何ら問題はないと思いますが?>共産党の皆さん。

 それともう一つ。これは、記事を書いた人の誇張かもしれませんが、

ジープ - Wikipediaより
同年中に日本陸軍がフィリピン作戦にてバンタムMk II(BRC-60)を鹵獲、内地に持ち帰る。これをコピーするようトヨタ自動車に命じ、1944年8月にトヨタ呼称AK10型として試作車5台が出揃い、御殿場で試験された。

 1942年には、ジープはなかったようですね。まあ、1944年以降でも、どれほどの人がジープを目撃できたか疑問ですけど。
 ただ、ジープは軍用車両の代名詞的なところもありますから、深く突っ込むのも無粋かなとは思いますが。

河野談話はおかしいと思った方。
従軍慰安婦に疑問を持った方。
↓ご協力をお願いします。

Kounodanwa88x31

|

« トミ子伝説 | トップページ | みごとな切れ味です »

慰安婦問題 」カテゴリの記事

コメント

攫われたり騙されたりして慰安婦にされた人はいるでしょう。
それについては安倍総理がアメリカで談話を出した通り。

問題なのは日本軍が「女を強制的に攫って来て慰安婦にしろ」って命令を下部組織乃至民間業者に対して出したかどうか。

全員が自らの意思で応募したとまでは誰も言ってないのだが…。

投稿: 蝦夷王 | 2007年7月 6日 (金) 01:53

>蝦夷王様
辛い目にあったことは否定しないですが、日本軍が組織的に慰安婦をかり集めた当証拠が出せないからといって、「辛い目にあった事実=日本の強制性の証拠」みたいな論点のすり替えは断じて認められませんよね。

投稿: yuga | 2007年7月 6日 (金) 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/15666403

この記事へのトラックバック一覧です: 説得力のある人物を連れてきてください:

« トミ子伝説 | トップページ | みごとな切れ味です »