« 捏造と編集は紙一重 | トップページ | 日本 へ ん た い 協会 »

2007年6月 7日 (木)

李登輝さんが靖国を参拝されました

台湾の李前総統、靖国神社を参拝 「個人的行為」と説明(asahi.com)

 来日している台湾の李登輝前総統(84)は7日午前10時ごろ、東京・九段の靖国神社に参拝した。関係者の話によると、本殿に上がり黙祷(もくとう)したという。李氏の兄は第2次大戦中、日本が植民地統治していた台湾から日本軍兵士として出征、戦死して、靖国神社にまつられている。李氏は「62年前に別れた兄に頭を下げる個人的行為だ」と説明した。

 中国などから政治的な圧力がかかる中、李登輝氏の思いが遂げられたことを素直に喜びたいと思います。本来であれば、静かな環境でゆっくりと参拝していただきたかったところですが、それができない現在の日本をちょっぴり恥ずかしく感じてしまいます。

靖国神社への参拝を終えた台湾の李登輝前総統=7日午前  靖国神社には、李氏の実兄、故李登欽氏が「岩里武則」の日本名でまつられている。登欽氏は海軍兵士としてフィリピンで戦死したとされる。参拝時間は約40分。参拝形式について、神社側は「個人の参拝なので説明は控えたい」という

 日本人でなく、それも一個人に、「参拝形式」について質問するなど、あきれ果てますね。恥を知れと。

 そういえばこういう状況にぴったりの発言を同じマスゴミ人がしていましたね。

「くだらないことを聞くなよ。ジャーナリストなら、もうちょっとまともなことを取材したらどう?」 by 本田雅和

【追記】
Sankei Webより

 李氏は参拝を前に宿泊先のホテルで記者会見し、「靖国神社に参ります。62年間、会ったことのない兄を靖国神社で合祀し、遺霊を守ってくれることに感謝してきます。これは個人的な立場であり、政治的にも歴史的にも(関連づけて)考えないでください」と目頭を押さえて、実兄を思う弟の気持ちを訴えた。

 わたしの目頭も熱くなってきましたよ。日本と靖国を理解して、感謝してくれる。こんなにうれしいことはないです。

|

« 捏造と編集は紙一重 | トップページ | 日本 へ ん た い 協会 »

靖国神社・A級戦犯 」カテゴリの記事

コメント

李登輝先生の靖国参拝に感謝申し上げます。ミケ

投稿: 屋根の上のミケ | 2007年6月 7日 (木) 16:52

>屋根の上のミケ様
今回が最後かも、という思いもあったようですが、いずれまた機会をつくってお兄様に会いに来て欲しいですね。

投稿: yuga | 2007年6月 7日 (木) 22:51

中共の公式コメントはどうなるかな。

沈黙するのか、形式的に触れるだけか、それともポーズでも怒って見せるのか。
重大な選択ですよ、胡錦濤さん。

投稿: 蝦夷王 | 2007年6月 8日 (金) 02:20

>蝦夷王様
どうやら中国の対応は、不快感を表しながらも公式にはコメントしない、というところで落ち着きそうですね。
今の中国には、これ以上の厳しい対応は難しいですかね。一生懸命あおっていた朝日を筆頭とする半日メディアは、物足りないでしょうね。

投稿: yuga | 2007年6月 8日 (金) 11:18

私のブログにトラックバックをありがとうございました。

李登輝先生には、これからも、何度でもお気軽に
日本にいらっしゃって頂きたいと存じます。

ミケ

投稿: 屋根の上のミケ | 2007年6月 8日 (金) 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/15344157

この記事へのトラックバック一覧です: 李登輝さんが靖国を参拝されました:

» 李登輝先生の靖国神社参拝に感謝します [屋根の上のミケ]
html font size=5 李登輝先生の靖国神社参拝に感謝します/b/font font size=3 台湾の李登輝前総統が、念願の靖国神社参拝を果たされました。 李登輝氏のお兄様が、日本兵としてフィリピンで亡くなられ、靖国にお祀りされているため、お兄様の慰霊が参拝の主な理由でした。 靖国神社は、日本のために命を捧げられた将兵をお祀りし、本来は日..... [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 16:51

» 李登輝氏、亡き兄が祀られている靖国神社を参拝 [ぱっとんな日々]
李・前総統が靖国神社参拝「個人的な事情で」(読売新聞)  来日中の李登輝・前台湾総統(84)が7日午前10時過ぎ、東京・九段の靖国神社を参拝した。  同神社には第二次大戦中、日本軍人としてフィリピンで戦死した実兄、李登欽(日本名・岩里武則)氏がまつられており、李氏は「個人的な家庭の事... [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 20:37

» 李登輝氏、靖国参拝 [仙丈亭日乘]
亡き兄君に62年ぶりに再會できたことを、李登輝氏のために喜びたい。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 09:18

« 捏造と編集は紙一重 | トップページ | 日本 へ ん た い 協会 »