« 靖国参拝は無問題 by (@∀@-) | トップページ | 国旗が間違っています »

2007年6月30日 (土)

安倍政権を見放したくなった…

久間防衛相、原爆投下は「しょうがない」 ソ連の参戦阻止が狙い(iza)

 久間章生防衛相は30日、千葉県柏市の麗沢大で講演し、先の大戦での米国の原爆投下について「長崎に落とされ悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で、しょうがないなと思っている。それに対して米国を恨むつもりはない」と述べた。

 米国が旧ソ連の日本への参戦を食い止めるため原爆を投下した側面があるとの見方を示し「日本が負けると分かっているのにあえて原爆を広島と長崎に落とし、終戦になった。幸い北海道が占領されずに済んだが、間違うと北海道がソ連に取られてしまった」と指摘。

 また「勝ち戦と分かっているときに原爆まで使う必要があったのかどうかという思いは今でもしているが、国際情勢、戦後の占領状態などからすると、そういうことも選択としてはあり得るということも頭に入れながら考えなければいけない」と述べた。

 うわ。だめだこいつ。_| ̄|○

 ソ連の参戦なんてその遙か前から決まっていたのに、ソ連の参戦を食い止めるためって…
 どう見ても、戦後のソ連への牽制&原爆実験的要素が強いし、終わらせたというよりは、終わる前に駆け込みで落としたとしか考えられません。

 日本人的なお人好し思考ともとれますが、この人、以前も「イラク開戦」失言していますし、どうも思考が防衛相向きではないように感じますね。

|

« 靖国参拝は無問題 by (@∀@-) | トップページ | 国旗が間違っています »

お花畑・自民党」カテゴリの記事

コメント

最近アンキムさんとか野次馬さんとか色々なブログやサイトを見るようになってから、一体日本はどうなってしまうのだろう? 選挙権は大切だが、一体誰に、何処の党へ投票すれば良いのか、全く分からなくなってしまいました。。。

マニフェストなんて嘘っぱちだし、売国奴の背後に見え隠れする諸外国・・・

所詮国民は搾取され続けるものと諦めて。
アメリカのポチになるか、庶民の王を仰ぐのか、中華マンセーしてどんなメリットがあるのか、意味不明に怒ることしか能のない半島人に貢ぎ続けるのか、国民を拉致されても、レイプされても我慢し続けるのか・・・

外国へ富が流れず国内還流する腐敗官僚に頑張って貰った昔のほうが良かった・・・なんて結末を迎えそうで嫌な悪寒で一杯です。

投稿: とっち | 2007年6月30日 (土) 22:28

正直、あきれました。いわゆる「無党派層」だと自認していますが、この発言には驚きました。

原爆投下は「国際法違反」と言われています。そして、原爆投下の是非は、もう論ずるまでもないと思います。こんな非人道的な核兵器が、どうして「しかたがない」などと、しかも被爆国の「防衛大臣」という要職にいる人が発言できるのか、耳を疑いました。

本人は原爆投下を「是認」したわけではないと言っていましたが、この発言は、「是認」しているようにしかとれないじゃないですか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

確かに「ソ連侵攻」は史実だと思います。当時、日本との「不可侵条約」を一方的に破って、昭和20年8月9日の未明にソ連の侵攻が始まりました、

私も、詳細は勉強不足でよくわからないこともありますが、これは、連合国側の情報によって、ソ連は原爆投下をされて完全弱体化した日本へと侵攻したと言われているようです。

その侵攻は、終戦後にもおよんでいます。戦闘員ではない「日本人住民」に対しての殺戮などが、ソ連崩壊後の資料公開によって明らかになっているようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かつて、アメリカの国民の中には、戦争を終わらせるために、「あえて原爆を投下したのだ」というする政治思想・宣伝(いわゆる「プロパガンダ」)が広くあったと思います。

これは、「戦争終結を早めて、民間人犠牲者が増えるのを防ぐためだ」といったものであったようです。

それならば、日本の民間人を標的とした大空襲は、どうなるのでしょうか。そして、「広島」「長崎」に対する原爆投下は、数十万人もの命を奪っています。

もし、「民間人」の犠牲を少なくすることが、戦争の終結を急ぐ「大義名分」になるとするならば、やはりおかしいことであろうと思います。

これは、大量の犠牲者の苦しみを知らない、「大国」の「プロパガンダ」でしょう。

「9.11」以降のアメリカなどの行動に、通じるものを感じるのは、わたしだけでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、久間氏の発言ですが、新聞などによると、以下のような要旨のようです。

「日本が戦後、ドイツのように東西で仕切られなくて済んだのはソ連が(日本に)侵略しなかった点がある。

当時、ソ連は参戦の準備をしていた。

米国はソ連に参戦してほしくなかった。

日本との戦争に勝つのは分かっているのに日本はしぶとい。

しぶといとソ連が出てくる可能性がある。

日本が負けると分かっているのにあえて原爆を広島と長崎に落とし、終戦になった。長崎に落とすことによって、ここまでやったら日本も降参するだろうと。

そうすればソ連の参戦を止めることができると(原爆投下を)やった。

幸いに北海道が占領されずに済んだが、間違うと北海道がソ連に取られてしまった。

その当時の日本なら取られて何もする方法がない。

長崎に落とされ悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で、しょうがないなと思っている。 

それに対して米国を恨むつもりはない。

勝ち戦と分かっている時に原爆まで使う必要があったのかどうかという思いは今でもしているが、国際情勢、戦後の占領状態などからすると、そういうことも選択としてはあり得るのかなということも頭に入れながら考えなければいけない」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
防衛相という立場の方が、「しょうがない」という、原爆投下を肯定するようにとれる発言は、やはり問題が大きいと思います。

それにしても、大臣や、政府要職にこうした問題(ボロ?)が次々と出るということは、参議院選挙を控えた現在、与党にとっても、野党にとっても、そして選挙民にとっても、大きな問題なのだと感じています。

もうすぐ、原爆忌(平和祈念式典)、終戦記念日など、さまざまな戦争に関する式典があります。

そういった式典は参議院選挙後になるのでしょうが、参議院選挙も含めて、政府は様々な世論に対して、どのような対応をとるのかなぁ・・・と思いました。

投稿: TOM | 2007年6月30日 (土) 23:28

アメリカは原爆が投下可能になるまで日本との交渉を引き延ばして(開戦の前の交渉でもこれをやられた)、早期降伏をさせないようにしたという研究もあるようです。

実際、人口の密集する都市部に投下しなくても、日本側から観測可能な特定の地点に投下して威力を見せ付ければ用は足りる、というアメリカ政府・軍内部での反対意見もあった。

「戦犯容疑者No.1は誰か」と訊かれた石原莞爾が「ハリー・トルーマンだ」と言ったのは正鵠を射てたんですね。

投稿: 蝦夷王 | 2007年7月 1日 (日) 00:11

ちょっと思い付きました。

「キュウマン・エラー」

まあ、器じゃないよなあ。

投稿: 蝦夷王 | 2007年7月 1日 (日) 16:04

>とっち様
日本の将来のためにはどこの政党に任せるか。既存政党はどこもろくでなしな感じはしますが、今より悪くならないためには、自民しかないのかなと。正直、政界大再編でも起きない限り、将来は厳しそう。
後は新風ぐらいですかね。同和、創価関係を受け持ってくれれば、共産はいらなくなるし。

>TOM様
マスゴミが騒いでいる失言がどうのこうのよりも、本質的に認識不足なんじゃないかというのが私の考えです。
言い過ぎかもしれないですが、女性蔑視(まあ、柳沢発言自体問題だとは思いませんが)で国は滅ばないけど、国防の認識が甘いとかなりやばいんじゃないかと。

>蝦夷王様
そういう話もあるんですね。
当時のアメリカにしてみると「使ってみたいんだから仕方がなかった」としか見えませんね。

「キュウマン・エラー」一瞬何に掛けているのか分からなかったです。ヒューマンエラーですね。もう一回ぐらい何かやると流行語対象にも出てきそうです。
次の内閣改造に期待するしかないですかね。(次があればですが…)

投稿: yuga | 2007年7月 2日 (月) 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/15604888

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権を見放したくなった…:

« 靖国参拝は無問題 by (@∀@-) | トップページ | 国旗が間違っています »