« 慰安婦公聴会のひとコマ | トップページ | 竹島の日 ファイナルイベント »

2007年2月23日 (金)

winnyじゃなくても情報は漏れます

毎日新聞記者、糸川議員との取材録音を第三者に渡す(YOMIURI ONLINE)

 国民新党の糸川正晃衆院議員(32)が国会質問を巡り脅迫された事件に関連し、毎日新聞東京本社社会部の大平誠記者(41)が昨年、糸川議員を取材した際にやりとりを録音したICレコーダーを、無断で「取材協力者」に渡していたことが23日、明らかになった。

 なんというか、やっぱり毎日新聞はTBSの系列なんだなぁ、としかいいようがない。

 毎日新聞は、取材協力者の身元については、取材源の秘匿を理由に明かしていない。大平記者と取材協力者との間に金銭の授受などはなかったという。

 取材対象の情報はほいほい渡すのに、なぜかこちらはあくまで ヒ ・ ミ ・ ツ
 ダブルスタンダードというか、これがマスゴミスタンダードなのでしょうか?

|

« 慰安婦公聴会のひとコマ | トップページ | 竹島の日 ファイナルイベント »

反日メディア」カテゴリの記事

コメント

「坂本弁護士一家殺害事件」を憶えてないのか、このボンクラは。

あの時は誰かさんが「TBSは死にました宣言」したんだけど、今回は「毎日新聞も死にました宣言」してくれるのか。

投稿: 蝦夷王 | 2007年2月24日 (土) 02:27

>蝦夷王様
死にました宣言ねぇ、「百人斬り」の記事を書いたころから死んだままのような気もするけど。

投稿: yuga | 2007年2月24日 (土) 17:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/14024636

この記事へのトラックバック一覧です: winnyじゃなくても情報は漏れます:

« 慰安婦公聴会のひとコマ | トップページ | 竹島の日 ファイナルイベント »