« 20世紀最後の暴君 | トップページ | 大漁なのでおすそわけ »

2006年11月23日 (木)

一度行ったら、お腹いっぱいどころかもたれます

韓国の対日旅行・サービス収支、昨年初めて赤字(中央日報)

  韓国は中南米など一部の地域を除く大多数の貿易国とのサービス取引で赤字を記録していることが分かった。 特に、日本・中国とのサービス収支が昨年、赤字に転換した。

  韓国銀行(韓銀)が22日発表した「2005年地域別経常収支動向」によると、昨年の対米国サービス収支は赤字額が40億2000万ドルで、04年(27億8000万ドル)に比べて大幅に増えた。

  対日本サービス収支は昨年7億3000万ドルの赤字を記録し、98年の関連統計作成以来、初めてマイナスを記録した。

  特に、04年まで3億4000万ドルの黒字を記録していた対日本旅行収支は、昨年、5億4000万ドルの赤字に転じた

 この赤字、別に対日本に限ったことでもないのに、あくまでも日本をタイトルに持ってくるあたり、やっぱりKの国らしいというところでしょうか。

 一時の捏造韓流ブームで、確かに韓国への関心は増したのでしょう。その流れで、多くの日本人が韓国へ旅行に行ったことも事実でしょう。WCもありましたしね。でも、彼の地で現実を見ちゃったんでしょうね。

 わたし、Kの国へは行ったことがないのですが、はっきり言って、ソウルなんか何か目新しいものなんてあるの?町並みなんて日本の都会と変わらないし(一歩裏へはいると日本とは違う世界が広がっているようだけど、そこで見る現実はさらに・・・)、周りを見ても日本人とそう変わらない顔立ちの人が歩いてる。確かに言葉や文字は違うけど、異国情緒を味わうというほどのものでもない。特別珍しいものを売っているわけでもなく、特別安いわけでもない。結局そこで見たものは日本の都市の劣化コピーだったりするんじゃないのでしょうか。
 たぶん、地方なんかは違う風景が広がっていたりもするんでしょうけど・・・マイナーすぎて日本人旅行客を呼び込むにはインパクトに欠けてる気がしますし。

 ブームの間は黙っていても客は来るでしょうが、ピークを過ぎればある程度減るのは当たり前。その間に、いかに次回も来たいと思わせることが出来るかが鍵なのでしょうけどそこまで考えていたのかどうか。まあ、この結果を見れば、当時の旅行客はリピーターにはならなかったのは間違いなさそうです。

|

« 20世紀最後の暴君 | トップページ | 大漁なのでおすそわけ »

特定アジア・韓国」カテゴリの記事

コメント

赤字は日本に来る韓国人が増えたのも原因なんでしょうが、本っ当に見るべき物が残ってない。
中国大陸も似た傾向があるんだけど、王朝交代してもまだ役に立つ物やデカ過ぎて取り壊せなかった物が残ってる。
結果「壮大な中華文明」が観光資源になってるんですね。

日本は縄文時代から大戦後に出来た物(東京タワーやら○○ヒルズやら)まで連綿と続く歴史の遺物がこれでもかと残ってますからね。
共産主義者の文化破壊も起こらなかったし。
東洋屈指の文化国家と言っていいでしょう。

投稿: 蝦夷王 | 2006年11月24日 (金) 01:19

観光客を呼ぼう!という方針そのものが間違いで、内部での経済循環と貿易のみに力を入れたほうがいいのでしょうね。
もともと、観光向きの国じゃないんだな。

投稿: 織原 | 2006年11月24日 (金) 03:04

>蝦夷王様
本当に文化のある国はたとえ焼け野原になろうともその本質は失われないものなのでしょうね。

>織原様
いまでも「日本」のままだったら、見るべきものも多い観光向きの地方になっていたかもしれませんね。

投稿: yuga | 2006年11月25日 (土) 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/12798239

この記事へのトラックバック一覧です: 一度行ったら、お腹いっぱいどころかもたれます:

« 20世紀最後の暴君 | トップページ | 大漁なのでおすそわけ »