« 全世界“の”敵? | トップページ | 日本のマスゴミってすごいでつね »

2006年10月 9日 (月)

<丶`∀´>核実験成功ニダ ホルホル

北朝鮮が「地下核実験」 朝鮮半島に重大局面(Sankei Web)

 【ソウル=久保田るり子】北朝鮮の朝鮮中央通信は9日午前、「われわれの科学研究部門は、地下核実験を安全に成功裏に実施した」と発表した。聯合ニュースは、国防省当局者の話として、同日午前10時36分(日本時間同)に実施されたと報じた。韓国地質資源研究院は同日、同地域でマグニチュード(M)3・58から3・7規模の地震波を観測した。

 盧武鉉・韓国大統領はただちに安全保障閣僚対策会議を招集、情報収集と対応に入っている。国連安保理の議長声明を無視した形の核実験強行であり、朝鮮半島情勢は重大局面を迎えた。

 韓国はじめ周辺国による分析によると、地下核実験は同国北東部の咸鏡北道明川郡花台里で行われ、プルトニウム型核爆弾とみられる。放射能汚染の状態は不明だが、AP通信は放射能漏れはないと報じた。朝鮮中央通信は実験が「科学的で綿密な計算により行われた」とし、「放射能流出のような危険は全くない」と報じている。

 北朝鮮は、今月3日の「核実験宣言」にも米国が「無条件の6カ国協議復帰」の原則論を崩さず、2国間対話に応じないことから、強硬な示威行動に出たものとみられる。

 韓国、米国、日本、中国など周辺国はただちに実態把握のため緊密な連絡体制をとるとともに国連安保理でこの問題を協議する方針だが、国際社会の非難と制裁強化は確実な情勢だ。

 北朝鮮は昨年2月に「核保有宣言」を行い、今年7月には運搬手段である弾道ミサイル「テポドン」をはじめミサイル発射を実施、「核とミサイル」の対米戦略を強めてきた。核実験によって「核保有国」であることを既成事実化し、「体制保証」などを求めて今後の対米交渉で大きな交渉力とするもくろみだ。だが、米国はじめ6カ国協議関係国はこうした北朝鮮の「核クラブ入り」は決して容認せず、核の全面放棄を求めており、関係国がどのような形で北朝鮮核問題に取り組むかをめぐっては厳しい対立が予想される。

 米国はこれまで、北朝鮮の核問題が悪化した場合、「追加的措置」「より強硬な措置」を取ることを表明してきた。今後、国連安保理決議による経済制裁など一段と強い制裁に入る可能性が高く、こうした制裁を北朝鮮は「宣戦布告」と位置づけていることから、核実験を契機とした核危機が軍事的威嚇行為を伴う危険水域に入る可能性もある。

 北朝鮮は2003年1月、核拡散防止条約(NPT)からの脱退を宣言しているが、NPT加盟国が脱退を経て核実験を行い「核保有国」となったのは北朝鮮が初めて。核管理の国際的な枠組みを再構築する必要性が改めて浮き彫りになった。

 核保有国は米英仏露中の国連安保理常任理事国の5カ国とインド、パキスタンの2カ国の計7カ国。イスラエルは公式には認めていないが、すでに核を保有しているとみられている。南アフリカは1990年までにすべてを解体した。

 ■北朝鮮の核兵器 北朝鮮は旧ソ連の支援で1950年代後半から核開発に乗りだし、80年代から独自開発した実験用黒鉛減速炉を稼働させるなど本格化。北朝鮮が保有する核兵器の個数や種類は不明だが、米政府などの情報によると、長崎に投下されたのと同じプルトニウム型の原爆数個を保有しているとみられる。北朝鮮は2003年10月に使用済み核燃料棒約8000本の再処理を完了と表明、05年5月にも新たな使用済み核燃料棒の取り出しを終了したとしており、米シンクタンクは核兵器4―13個分のプルトニウムを保有と推測している。

               ◇

≪朝鮮中央通信報道の全文≫

 全国すべての人民が社会主義強盛大国建設で一大飛躍を創造していく活気あふれる時期に、われわれの科学研究部門は十月九日、地下核実験を安全に順調に行った。

 科学的計画と綿密な計算により進められた今回の実験では、放射能流出のような危険が全くなかったということが確認された。

 核実験は百パーセント、われわれの知恵と技術に依拠し進められたもので、強力な自衛的国防力を熱望してきたわが軍隊と人民に大きな刺激と喜びを抱かせる歴史的出来事だ。

 核実験は朝鮮半島と周辺地域の平和と安定を守るのに寄与するであろう。(共同)

               ◇

 北朝鮮核問題をめぐる主な動きは次の通り。

1994年10月21日 米朝枠組み合意に調印。北朝鮮の主要核施設凍結

2002・10・16 北朝鮮がウラン濃縮型核開発計画を認めたと米発表

    12・12 北朝鮮が凍結した核施設の再稼働宣言

  03・1・10 北朝鮮が核拡散防止条約(NPT)脱退宣言

     4・23―25 北京で米朝中3カ国協議。北朝鮮が米国に「核保有」表明

     8・27―29 北京で第1回6カ国協議

  04・2・25―28 第2回6カ国協議

     6・23―26 第3回6カ国協議

  05・2・10 北朝鮮が外務省声明で核兵器保有を公式宣言

     9・19 第4回6カ国協議で共同声明採択

    11・9―11 第5回6カ国協議、休会

  06・7・5 北朝鮮が弾道ミサイル連続発射

       15 国連安全保障理事会が非難決議採択

    10・3 北朝鮮が外務省声明で核実験を行うと表明

       6 安保理が「深い憂慮」を表す議長声明採択

       9 朝鮮中央通信が、北朝鮮が核実験実施と報道 (共同)

(10/09 11:59)

 今のところ、どこを見ても通信社からの配信記事ばかりのようなので、とりあえず、比較的詳しく載っている産経を取り上げておきます。

 今現在でいえば、本当に核実験が行われたどうか自体が、確証を持って断言できる状態ではないようですが、北朝鮮がやったといっている以上、やったものとして話を進めていけばいいでしょう。

 日本としては、まずは、国連安保理において、7章を盛り込んだ制裁決議案を通すことが当面の目標ですね。
 中国あたり(ロシアもかな)が制裁決議に反対してくる可能性がありますが、前回のミサイル以上に強気でいっても問題ないでしょう。前回を見てもわかるように中国の北朝鮮に対する影響力はすでに失われています。「中国が説得するからちょっと待って」、というシナリオはすでにあり得ないです。中国としては状況を改善する手段を持ちませんから、闇雲に拒否権の発動なども出来ません。
 日本主導で粛々と制裁決議案通過を目指せばいいと思います。再び、安倍、麻生の絶妙なコンビネーションに期待です。
 その次は、実際にするしないは別として、日本の核武装化についての議論はするべきですね。日本がその議論をはじめるだけでも、十分な牽制力はあると思います。

 後は、アメリカがどう動くかですよね。国連の決議まではおとなしくしているとは思いますけど。下手に妥協した決議案ですまそうとすると、単独で何かを仕掛けるかも知れませんね。(中国にとっては、こちらの方がよほど困った状態だと思いますけど)
 軍事行動までいくかな。今後も核実験を繰り返されるよりは先に攻めた方がましですかね。
 アメリカの外交の延長上には間違いなく戦争という選択肢は存在しますよ。そして北朝鮮との交渉はすでに行き詰まっているという事実。

 戦争反対を叫ぶのもいいですけど、戦争する以上に多くの人が危機にさらされるという現実から目をそらすのはやめてほしいものです。そして、北朝鮮が核を完全にものにした後に暴走した日には、多くの人が死んだ上(たぶん一番犠牲になるのは日本人と朝鮮人でしょうね)で戦争が始まります。

|

« 全世界“の”敵? | トップページ | 日本のマスゴミってすごいでつね »

特定アジア・北朝鮮 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/12211956

この記事へのトラックバック一覧です: <丶`∀´>核実験成功ニダ ホルホル:

» やりやがった・・・ [【非公式】世界日本ハムの間抜けblog@非公式]
【讀賣】北朝鮮が地下核実験に成功、朝鮮中央通信が報道【産経】北朝鮮が「地下核実験」 朝鮮半島に重大局面【毎日】北朝鮮核実験:追加実験の可能性も 韓国当局【赤日】核実験「安全に成功裏に実行」 平壌放送【共同/FLASH24】北朝鮮が核実験 成功と発表、北東部か ...... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 01:10

« 全世界“の”敵? | トップページ | 日本のマスゴミってすごいでつね »