« おい、おい | トップページ | 東条女史。お疲れ様でした。 »

2006年8月22日 (火)

ツッコミを入れられました。

先日書いた「オーマイニュース、炸裂!!」に、はてな様よりコメントをいただきました。コメント欄で返そうかと思ったのですが、長くなりそうなのでエントリーを立てます。

さてさて、公用車の私用問題はいたるところで問題になっているのに首相にとっては問題ないとは、心が広いですねえ、、

首相という立場なのに人々の意見を考慮しなくてもいい、それで考慮したらそれこそ無責任、なんでそんな人が首相なのですかねえ、、それに莫大な税金をつぎ込む、心が広いですねえ、、

「国益の重視」といいますが、何が国益かまったく触れていませんね。「他国の言うことにあわせるのが国益」と言っていると勝手に独断に陥っていますが、何が「国益」なんでしょう?今の状態が「国益」でしょうか? 単に何が「国益」なのかも分からず「国益」を振り回すあたり、自分への自信の持ち方、すごいですねえ、、、

アジアへの被害、「朝鮮とは戦争をしていない、ハイ、終わり」(占領とかまったく頭にないんでしょうね)、原爆の被害と南京の被害を混同するあたり、さすが見識高いですねえ、、原爆の被害を肯定しているようなの、ほとんど見たことありませんが、、

日本が何か過ちをしたことを指摘したら「自虐史観」。さすが歴史上、日本はすべてすばらしいことをしてきたと思っている方、それこそ「歴史」「自虐を超えた歴史」と考えられているのでしょうか。すごいですねえ、、なんと勉強熱心なことか。

好き勝手に書くブログですからいいのでしょうが、突っ込みいれる点が多くていいですね。

 公用車の私的利用については、わたしはその許容しうる理由を書いているつもりでしたが、あそこから読み取るのは難しかったですかね。問題問題というけれど、一国の首相が、プライベートな状態から即公務に復帰できない方がよほど問題ですね。逆に言えば、即公務に復帰する必要のない人間が、公用車を乗り回したりするから問題となるのですよ。「駄目なものは駄目」なんてのは、突っ込まれる方としてもおもしろくないですよ。

 次、考慮。はてな様は、首相は人々の意見を考慮すべしという意見のようですね。そうであるならば、首相が賛成派の意見を考慮した上で参拝するというのも全く問題ないわけですよね。
 それとも、一見中立的に「人々の意見を考慮すべし」と言いながら反対派の意見への考慮以外は認めませんか?

 国益については、何が国益かは確かに触れていませんでしたね。ただし、エントリーでも書いたように、土下座外交の末、どのような利益が日本にもたらされるのか本気でわかりません(というか、そんな物無いと思っています)ので、逆に教えてほしいくらいです。できれば、エントリーから張ってあるリンク先の記事もからめていただければうれしいです。
 ちなみに、もたらされる利益はわかりませんが、失われる利益なら、わかりやすいものとしては、中国の遺棄化学兵器処理問題ではないですかね。中国の言い分に従って処理を行おうとしたら、その費用は1兆円を超えるのではないかと言われています。日本と中国ではその試算において処理する砲弾数に大きな隔たりがあるし、そもそも、兵器自体はすでに中国に引き渡されている物である可能性も高く、それどころかソ連製の兵器も混じっているとかいないとか。このあたりを確定する前に、相手に配慮して処理することだけを先に決めるからこんな無駄な出費を生むのではないですか。
 こんな馬鹿みたいな物に「莫大な税金」が使われるわけですが、もしこれを他国へのODAなんかに回すことができれば、また日本に対する評価も変わってくるかもしれませんね。

 次。アジアの被害。
 朝鮮はあくまで条約を交わした上での併合です。そこへ至る過程についてはいろいろな意見もあるでしょうが、それでも国の代表者がサインしたことに変わりはありません。
 原爆と南京を混同などはとんでもない誤解です。わたしは、原爆は明らかな虐殺であり、いわゆる南京大虐殺は明らかにうさんくさい、と明確に分けていますよ。
 
 ちなみによく目にする「戦争を終わらせるためには必要だった」という言い分は、原爆の肯定にしか見えませんが、はてな様は目にしたことありませんか?

広島に原爆を投下した米軍のB29爆撃機「エノラ・ゲイ」のポール・ティベッツ元機長(91)が6日、米ラスベガスで読売新聞のインタビューに応じ、「広島、長崎への原爆投下は戦争終結のために必要だった」と、その正当性を主張した(8月7日読売新聞 リンクが切れてるので2ちゃんねる)

 次。自虐史観。
 日本が過ちを犯したことを指摘したから「自虐史観」ではなく、過ちを犯したことを前提にものを語るから「自虐史観」なんですけどね。
 でも本当は、「自虐史観」じゃなくて「他虐史観」。
 他とはもちろん日本。日本が悪だとそれを糾弾するのも楽だし、自分が「いい人」でいられる。日本は悪いことをしたけど、自分は違う。日本は反省すべきといいながら、自分は反省する側ではなく反省させる側の人間。そういう立ち位置がほしいだけ。
 別に日本がやってきたことがすべてすばらしいなどと短絡的なことを言うつもりは無いし評価できないことだっていくらでもあるけど、でもいいこともやっぱりやってきた。今の時代から見てそぐわないことも確かにあるかもしれないですが、わたし達のご先祖様の名誉はわたし達が守ってあげなくてはいけないと思うんですよね。

 さて最後。
 ツッコミを入れてくれるのはいいのですが、チト物足りない。 
 公用車では、わたしの書いた理由の部分を無視しているし、アジアへの配慮の部分では、せっかく張ったリンク部分はやっぱりスルー(読売の方はリンク切れてますね)、「どういう利益があるか疑問」と書いたのですから、こういう利益があるというのは示してほしいですし、自国民の被害に対する指導者の責任について日本と中国でダブスタにならないように語ってほしかったし、戦後のアジアとヨーロッパの関わりのところにも意見がほしかった。そんな感じですかね。

|

« おい、おい | トップページ | 東条女史。お疲れ様でした。 »

その他 」カテゴリの記事

コメント

あほは、管理人さんが何言っても理解できません。
外国の人だからです。

本当の日本人で日本に住む仲間なら、仲間を大切に思います。
信用も大切です。嘘いったりしたら仲間はずれにされます。
泥棒したら白い目で見られます。

一緒に仲良く暮らしていくために信用を大切にし誠をもって生きています。
靖国参拝も仲間のために戦ってなくなった英霊に誠をささげるためにお参りしています。

中国や韓国の意見をいう人は信用の無い嘘つきです、たぶん会社や地域でも仲間はずれにされています。
一緒に仲良くやっていけないのでしょう。

相手にしないことです。

はてな なる人物は外国の方ですよ。出来たら韓国の方とは、特に仲良くなりたくないですね。

投稿: あほは相手にしない | 2006年8月22日 (火) 20:22

信用は大事ですね。
特定アジアの何が駄目って、「信用できない」この一言に尽きるのかもしれませんね。

投稿: yuga | 2006年8月22日 (火) 21:54

保守系ブログではてな氏の様な人をよく見かけます。勿体付けて反論してくるけれど、批判の論拠は決め付けとレッテル貼りで、言っていることに内容の無い人です。こういう類の投稿にはマニュアルでもあるのでしょうか。

投稿: les Faux Monnayeurs | 2006年8月23日 (水) 11:42

マニュアルと言うよりは、そういう人間を育て上げているのが、日教組をはじめとしたサヨク教師だったりするんじゃないですかね。

投稿: yuga | 2006年8月24日 (木) 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/11551652

この記事へのトラックバック一覧です: ツッコミを入れられました。:

» 成果への準備にはこんなお勉強でゆっくりじっくり熟成へ。 [旅はつれづれ、虹への飛行]
このLivedoorブログ、手がけて間もないのでお勉強。無料レポートにもその案内が、そこそこしつらえていて、これを利用しないほうはない。 [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 08:45

» 香ばしすぎる「南京大虐殺裁判」中国で勝訴 [今日のできごと(笑]
中国人女性、夏淑琴さん(77)が、日本で出版された2冊の本の中で「自分が南京大虐殺の被害者でないように書かれ、名誉を傷つけられた」として、著者2人と出版社に計160万元(約2400万円)の損害賠償と、日中両国の主要紙での謝罪広告の掲載などを求めた訴訟の判決が23日、中国江蘇省南京市の玄武区人民法院(裁判所)であった。同法院は原告側の主張をほぼ全面的に認め、計160万元を支払うように著者2人と出版社に命じた。 http://www.asahi.com/national/update/0...... [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 23:20

« おい、おい | トップページ | 東条女史。お疲れ様でした。 »