« <丶`∀´>日帝36年 何か文句あるニカ? | トップページ | どういう会社なんだ。TBSとは。 »

2006年8月26日 (土)

ウソ発見器の信頼性はどう証明する?

ネット情報「ウソ発見器」 総務省が開発へ(asahi.com)

 真偽が見極め難いさまざまな情報が乱れ飛ぶインターネット。その中で、ウソや間違いらしい情報を自動的に洗い出し、ネットの利便性を高めるシステムの開発に総務省が乗り出す。ネット上にある関連深い別の情報を探し出し、比較参照することで、情報の「デマ率」などを示す。研究機関と協力し、2010年までの開発を目指す。07年度予算では、まず3億円を要求する。

 一見すごいことをやっているように見えて、実は予算の無駄遣いのいい見本のような…
 その上、政府による言論統制ともとれなくもない。キッズgooなんかを見れば、その結果は推して知るべし。

 ネット上の情報は、何人もの目で事前に校閲された出版物などに比べ、誤った内容が少なくない。信頼性を確かめるには、利用者が他の情報と付き合わせるなどの作業を行うしか手がない。

 確かに、ネット上の情報は真偽の見極めが難しいかもしれないです。とはいえ、朝日新聞やTBSなどを見れば、事前に校閲されたものでもその信頼性というものを疑ってかかるべきものは多々ありますが。

 完成すれば、ある情報のデマ率を調べたり、ネットで検索するときに信頼性のある順番に表示したりできるという。「この情報はデマ率95%ですが表示しますか」などという注意表示もできるようになる。

 もしかして、朝日なんかが「日本はアジアから孤立している」なんて言う記事を書いたりすると、「デマ率は95%です」とかになるのかな。まあ、それはそれでおもしろいかもしれないけど、いつも通りメディア(事前校閲されたもの)は対象外とかになるのですかね。そんな欠陥品なんかいらんですよ。

 そもそも、このシステムの信頼性自体をどうやって証明できるのか?それができない以上、表示される「デマ率」もネット上にあまた存在する真偽不明の情報の一つに過ぎないように思えますが。

 それでも、半万歩譲ってこのシステムが信頼できるものであるとしても、こんなものに頼るようになっては、日本人のメディアリテラシーが育たなくなってしまうのではないでしょうか。それが一番危険な気がしますけど。

|

« <丶`∀´>日帝36年 何か文句あるニカ? | トップページ | どういう会社なんだ。TBSとは。 »

その他 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/11617096

この記事へのトラックバック一覧です: ウソ発見器の信頼性はどう証明する?:

« <丶`∀´>日帝36年 何か文句あるニカ? | トップページ | どういう会社なんだ。TBSとは。 »