« また一つ朝日が嫌いになった日 | トップページ | 北朝鮮のミサイルは日本に落ちなければ無問題? »

2006年7月18日 (火)

南京大虐殺記念館に中国の心の豊かさを感じる古賀誠

古賀氏、日中友好を強調 南京虐殺記念館を訪問(共同通信@yahooニュース)

 【南京17日共同】中国訪問中の自民党の古賀誠元幹事長は17日、南京市の南京大虐殺記念館を訪れ、献花した。同記念館によると自民党有力者の訪問は1998年に党幹事長代理だった野中広務元幹事長以来、8年ぶり。古賀氏は記者団に「(過去を忘れず未来を大事にするという)中国側の姿勢に心の豊かさを感じた」と述べた。
 南京事件の犠牲者数などをめぐり、日中間には見解の相違があるが、古賀氏は「複雑な気持ちだが、(改装中の)
記念館が日中友好の証しを資料の中に残すことが大事だ」と強調した。

 今さらながら思う。こいつの頭おかしいんじゃないの?
 南京大虐殺記念館で、中国の心の広さを感じただ?
 で言うに事欠いて、デタラメ記念館が日中友好の証し?

 もう日本に帰って来なくてもいいよ。そのまま支那の大地で朽ち果てろ。

|

« また一つ朝日が嫌いになった日 | トップページ | 北朝鮮のミサイルは日本に落ちなければ無問題? »

売国のソナタ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/10988432

この記事へのトラックバック一覧です: 南京大虐殺記念館に中国の心の豊かさを感じる古賀誠:

» 平時の基本姿勢が「クニウリ」という時代が60年もあったのだ・・・。 [小説以外にも語りたい!]
ああ、この車ですか・・・旧式のマニュアル車。ギアはニュートラルですから走らない筈なんですが、なぜか左側に曲がりつつ走ろうとするんですよね。 [続きを読む]

受信: 2006年7月18日 (火) 10:22

« また一つ朝日が嫌いになった日 | トップページ | 北朝鮮のミサイルは日本に落ちなければ無問題? »