« 日本を相手に戦います | トップページ | ミサイル問題 政府批判しかできなかった小沢民主 »

2006年7月17日 (月)

わたしがイメージするデモ行進

拉致問題、これからどうなるんだろう・・・。(★★★ いかるが卓徳 側近日記 ★★★)

 さすがに参加者が多いですね。座間での反戦デモと比べるその参加者の違いは一目瞭然です。(座間のを見に行ったときは、こういうのをイメージしていたんですけどね)
 なにはともあれ、皆様お疲れ様です。

 「反戦平和」と「拉致問題の解決」。本来なら比較するべき問題ではないのですけどね。
 それぞれの主張が一般市民に対してどれほどの説得力を持っているか、まだどれほど賛同を得ているか、という意味では、わかりやすい結果ではないでしょうか。(まあ、主催する母体の規模が違いすぎるという点は、考慮に入れるべきでしょうけど)

|

« 日本を相手に戦います | トップページ | ミサイル問題 政府批判しかできなかった小沢民主 »

拉致問題 」カテゴリの記事

コメント

「反戦平和」の人たちは日米の軍事行使にだけ厳しくて他には優しいダブスタなので信用されないんですよ。

言わずもがなですが。

投稿: 煬帝 | 2006年7月17日 (月) 20:23

たとえ攻撃されても、悪いのは日米ですからね。
常人の感覚ではついていけません

投稿: yuga | 2006年7月17日 (月) 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/10978758

この記事へのトラックバック一覧です: わたしがイメージするデモ行進:

« 日本を相手に戦います | トップページ | ミサイル問題 政府批判しかできなかった小沢民主 »