« わたしがイメージするデモ行進 | トップページ | また一つ朝日が嫌いになった日 »

2006年7月17日 (月)

ミサイル問題 政府批判しかできなかった小沢民主

小沢代表、7章削除を批判 「最初の勢いはどこへ」(Sankei web)

 民主党の小沢一郎代表は17日、都内で開かれた小沢氏主宰の「政治塾」で講義し、国連安全保障理事会の北朝鮮非難決議に関連し「最初の勢いはどこへやら、(政府が求めていた)制裁という(国連憲章)7章の中身を削除せざるを得なくなった」と指摘、政府の外交を批判した。

 今回のミサイル問題に関し、民主のしたことといえば政府批判のみ。
 代表が小沢にかわったところで、相変わらずの中身のなさを露呈したとしかいえませんね。
 確かに7章の記述が削除されたことは残念ですが、相手があることですから、どこかで落とし所を探らなくてはならないことは、容易に想像できます。
 結局のところ安保理での交渉は、日本の主張を全て通すにはどうするかという駆け引きではなく、いかに日本に有利な落とし所で決議案を通すかという駆け引きだったと考えるのが普通でしょう。まあ、これは日本に限ったことではありませんが。
 このようなかなりアナログな陣取り合戦であるにもかかわらず、小沢の政府批判の根拠は7章のあり無しといったデジタルなまるっきり単純なものでしかないのですから底が浅いとしか言い様がありません。
 もちろん、民主もわかっているのかもしれませんが、だからこそ政府批判をするには微妙なところには触れられないというジレンマがあるのかもしれませんね。

 小沢氏は「珍しく日本が先頭に立って(制裁を求める)決議案を提案する事態になったが、強硬論を言う役割をさせられて、裏では米中、米露の談合が行われていた。日本は米中、米露の話し合い、米国の本音について何も聞かされていなかった」と述べた。

 あくまでも日本は蚊帳の外だったといいたいようですね。
 強硬論をいう役割をさせられたというけど、何か問題でもありますか?
 日米としては、制裁決議まで持って行きたいという思惑では一致していますし、例え米中、米露の交渉といえど日本の態度は大きく関わってきます。日本が本気だという態度を示すことは、アメリカが他国と交渉する際にも確実に掩護射撃となっているはずです。
 多少の齟齬はなかったとはいいませんが、日米の連携において日本は日本の役割をしっかりこなしたと見るべきでしょうね。

 民主党政権だったらどうするつもりだったかはわかりません(そういうビジョンすら示していない)が、中露案にあっさり乗るようでは、相変わらず特定アジアからは見下され、アメリカとの関係はぎくしゃくし、全世界に向けて日本の弱腰外交をアピールすることは間違いなかったでしょう。

最後に今朝の産経の記事 2ちゃんねるでテキスト化されてました。

【「7章削除」苦渋の決断】~対北決議採択  小泉首相「最後まで突っ張れ」中国譲歩させた日米の絆。(産経新聞 7月17日朝刊 ネット上のソースなし)

北朝鮮をめぐる国連安全保障理事会を舞台にした攻防は、決議の採択という形で一応、決着した。
10日間にわたる攻防と混迷の過程を振り返る。

 「ミサイル発射は日本の安全保障にとり脅威だ」大島賢三国連大使は制裁決議案を提示した7日、安保理非公式協議でこう明言した。
日本にとり妥協の余地がないことを内外に宣言したのだ。国連外交筋は「『直接の脅威』という強い表現を日本の外交官から聞いたのは初めて。日本の覚悟を感じた」と振り返る。
 当初、安保理のメッセージとしては最も位置づけが低い報道声明による解決を提案した中国。それがやがて議長声明へと譲歩し、中朝協議が不調に終わるのを見越すや、ロシアと非難決議の提示に踏み切った。
 このとき、中国の王光亜国連大使は「制裁決議案が採決されるなら、(本国から)拒否権行使の支持を受けている」。拒否権行使をちらつかせるのは中国のいわば常套手段。だが、「ここまで露骨に明言するのは異例だ」(欧州外交筋)と周囲を驚かせた。それは裏を返せば、日本の強い姿勢を目の当たりにした「中国の焦り」(国連外交筋)どともみられた。

 ■日本の勝利だ
「これなら全会一致で採択できる。日本の勝利だ」
 16日未明、ハドリー米大統領補佐官は、安倍信三官房長官に電話をかけ、国連憲章7条を削除した決議案への賛同を求めた。
 「十分に法的拘束力はある。米国は採択の際、拘束力があることを明言する考えだ」。念を押すハドリー氏。決議案の「国際平和と安全の維持への安保理の責任」という表現に加え、採択にあたり口頭によって決議の拘束力を確認すると説明した。安倍氏は提案に理解を示したものの、最終的な判断は麻生太郎外相とライス米国務長官の電話協議に委ねることで合意した。
 その麻生外相は15日深夜、外務省幹部から妥協案をのむかどうか決断を迫られていた。「日本以外の14カ国はすべて賛成です」と説明する幹部。麻生氏は「7章にかわる表現で本当に制裁が担保されるのか。中国を含めた14カ国が本当に賛成するのか。もう一度確認を取ってから連絡をくれ」と念を押した。
 「日本の国家としての意思を問われている。中国の拒否権行使もいとわない」と考える麻生、安倍両氏にとり「制裁」の根拠となる7章の削除は苦渋の決断だった。
 ハドリー氏との電話協議を終えた安倍氏は即座に麻生氏に電話をかけた。「厳しい選択ですが、よくここまでこれたとも言えます。最後は麻生さんの判断にお任せします・・・」。麻生氏は腹を固め、秘書官に言った「ライス氏と話をする電話をつないでくれ」

 ■妥協急ぐ官僚
 政府内が常に1枚岩だったわけではない。早期の妥協を模索する動きもあった。
 15日午後、安倍氏の電話が鳴った。国連日本政府代表部の北岡伸一次席大使だった。「英仏両国が7章を削除した妥協案を提示しています。国際社会に強いメッセージを発する内容で、中国も賛同の意を示しています。むしろ日本がまとめ役として・・・」
 安倍氏は「こちらはすでに第7章を40条(暫定措置)に限定するところまで譲歩しているではないか」と不快感をあらわにした。
電話を切るとため息まじりにつぶやいた。「日本が降りるにしても最後の最後。ギリギリまで妥協に応じる素振りすら見せては駄目なのに、なぜ分からない
 麻生氏も、とりわけ12日に中国とロシアが非難決議案を提示して以降、妥協し「落としどころ」を探ろうとはやる官僚に、堪忍袋の緒が切れた。14日、大臣室に幹部を集め「
こちらが突っ張ったから、中露は議長声明から非難決議に譲歩したんだろ。あんたらは優秀かもしれないが、けんかの仕方を知らないんじゃないか。成功するまで報告はいらない」と叱責し、姿を消した。
背水の陣を促したのだ。

 ■指示はひと言
 安保理での駆け引きが続く中、小泉純一郎首相が中東へ出発する直前に安倍、麻生両氏に出した指示はただ一つだった。「
最後まで突っ張れ。決して引くな
 ブッシュ米大統領のホワイトハウスへの指示も「
小泉を困らせるな」のひと言だったと伝えられる。決議採択にこぎつけた最大の要因は、小泉首相とブッシュ大統領が築き上げた「日米の絆」だったいえる

 小泉さん、安倍さん、麻生さん。本当にお疲れ様でした。この先の強い日本を期待させる出来事でしたね。
 批判ばかりの民主党には、こういうぎりぎりの交渉なんて出来ないでしょう。というか、恐くて任せられないといったほうが正確かな。

|

« わたしがイメージするデモ行進 | トップページ | また一つ朝日が嫌いになった日 »

お花畑・民主党 」カテゴリの記事

コメント

民主党は強硬に行けと言ったり近隣諸国に配慮しろと言ったり、ブレまくって大変だなぁw

投稿: 煬帝 | 2006年7月17日 (月) 20:20

一貫しているのは何があっても政府を批判する態度だけ。
批判だけでは支持を得られないって、いつになったら学習するんでしょうかね。

投稿: yuga | 2006年7月17日 (月) 21:51

はじめまして。民主党、小沢氏に対するコメント、まったく仰る通りです。民主党は小沢氏が代表になってからますます政局しかみない万年野党体質に成り下がってきたように思います。

投稿: LIVERTYBELL | 2006年7月19日 (水) 11:30

LIVERTYBELL様、はじめまして。
今回見つかった「昭和天皇のお心メモ」についても、小沢がまた意味不明なことを言っていますね。昭和天皇が実際にどう思っていたとか関係なしに、小泉批判に利用されそうで、とても不快です。

投稿: yuga | 2006年7月21日 (金) 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/10982751

この記事へのトラックバック一覧です: ミサイル問題 政府批判しかできなかった小沢民主 :

» 北朝鮮安保理での非難決議。そして北朝鮮の行く末。 [ばくさんのかばんと旅ノート。]
  たまにはまじめな話。    ------   国連安全保障理事会は15日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を非難し、ミサイル開発の凍結や核問題をめぐる6カ国協議への即時無条件復帰を促す決議を前回一致で採決した。 ? これを踏まえ、主要国首脳会議(サンクトペテルブル... [続きを読む]

受信: 2006年7月17日 (月) 21:50

» 私家版☆多分日本で一番早い新内閣閣僚予想名簿 [松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG ]
font size=3昨日の国連安全保障理事会における北朝鮮制裁決議の採択を聞いて思い立ちました。安倍晋三−麻生太郎のタッグチームはなかなかいいじゃないか強力じゃないか、と。ならば、そのタッグチームの線で今秋の新内閣の閣僚名簿予想を記事にしたいよな、と。 入社したときは同世代の中でもかなり優秀で志も高い若者が組織の文化に染まっていくプロセスで漸次無能になっていく。この点では、日本のあらゆる組織の中でも朝日新聞並んで双璧と思われる外務省も、有能なリーダーが率いトップのディシジ..... [続きを読む]

受信: 2006年7月18日 (火) 18:03

« わたしがイメージするデモ行進 | トップページ | また一つ朝日が嫌いになった日 »