« NHKのプロの仕事 | トップページ | これは名言 »

2006年6月23日 (金)

NHK職員は腕力だけでは務まりません

<NHK>集金でウソ…「本多勝一さんも受信料払っている」(毎日新聞@yahoo!ニュース)

 NHK沖縄放送局営業部のスタッフが今年1月、受信料集金の際に「NHK受信料拒否の論理」の著書があるジャーナリスト、本多勝一さんの名前を持ち出して「本多さんはもう受信料を払っています」などと虚偽の説明をして、集金しようとしていたことが分かった。NHKは事実関係を認め、本多さんに文書で謝罪した。
 スタッフは、受信料の徴収についてNHKと業務委託契約を結び、個人事業主として活動。一昨年発覚したNHKの不祥事をきっかけに受信料を払っていなかった視聴者を訪問した際、本多さんの著書に言及する視聴者に「本多さんは滞納分も含めて全額払ったと聞いている」などと説明し、受信料の支払いを求めたという。不審に思った視聴者が本多さんに連絡を取り、事実でないことが分かった。

 軽やかなトークで、お客様の心をつかまなくてはけないのです。多少事実と反することがあったとしても、それはテクニックのうちです。(死ねばいいのに)

 教訓 「NHKの職員相手では、精神的な無防備も危険

  ◇沖縄のスタッフ…NHKは本多さんに文書で謝罪
 本多さんは朝日新聞記者だった73年に著書を出版し、支払い拒否を公表した。本多さんが編集委員を務める「週刊金曜日」には数年前から、同様の問い合わせが複数あるという。本多さんは「そういう使われ方をするとは予想していなかったので、驚いた。私は受信料を支払わないとは言っていない。
NHKが本当の公共放送であれば払う」と話している。
 NHK広報局は「スタッフの勝手な思い込みだった。事実と異なることを話して受信料の支払いを求めるのは、視聴者の信頼を損なうもので、あってはならない。他に同様の事例はない」とコメントした。

 おっと、NHKは速攻で、本田勝一に謝罪した模様。
 受信料を払ってなくても、謝ってもらえるんですね。
 そういえば、受信料を払っていない自称「主婦」も番組に出演できるくらいだから、一部の未払い者にはずいぶんと甘いことです。
 受信料支払いをめぐって暴力をふるわれたり、騙されて受信料を払わされた人もいるのにねぇ。

 しかし、本田勝一のいうところの「本当の公共放送」って何だろ。
 やっぱりお手本にするべきは「朝鮮中央放送」なのか?

|

« NHKのプロの仕事 | トップページ | これは名言 »

NHK(日本ほおずり協会)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/10645193

この記事へのトラックバック一覧です: NHK職員は腕力だけでは務まりません:

« NHKのプロの仕事 | トップページ | これは名言 »