« 共同で解決できないからごたごたが起こるのだから、ごたごたを共同で解決できるわけがない。 | トップページ | 君はコリアを見たか!? »

2006年4月23日 (日)

弱腰外交という伝統を守る外務省

竹島周辺海洋調査 官邸と外務省対立(Sankei web)

22日の朝の記事なので、まだ交渉中の時のものですが、気になる内容でしたので。

≪なぜ頭下げる/外交努力アピール≫

 竹島周辺海域の海洋調査をめぐって、外務省の谷内正太郎次官が訪韓したが、同次官の訪韓をめぐって政府内で「原則派」と「交渉派」の間で意見が対立していたことが明らかになった。

 「自国のEEZを調査するのになぜ韓国にヘコヘコ頭を下げる必要があるのか。外務省は何も理解していない

 ある首相周辺は不満をぶちまけた。谷内氏が交渉中、海上保安庁の測量船は境港沖にくぎ付けのままで、盧武鉉政権による反日キャンペーンに利用されるだけだからだ。

 やはり今回の交渉に当たっては、外務省にかなり問題があったように見受けられますね。外務省は、なぜ「害務省」などと揶揄されるのかをまず認識してほしいですね。

 加えて、官邸内には、外務省への不信感が渦巻いている。韓国は過去四年間、四回にわたり日本のEEZ内で海洋調査を続けてきたが、外務省が「狙いは海底地形の名称変更にある」と気づいたのは今年一月だったという。海上保安庁幹部も「いよいよ調査に入る段階で何を今さら」と外務省への不信感を漏らす。

 外務省にも言い分がある。ある幹部は「最終的に調査に踏み切ることに異論はないが、韓国が強制措置に出る最悪の事態に備え、国際社会に『日本は外交努力を続けた』という姿勢を示す必要がある」と打ち明ける。

 何を今更という感じです。
 いつまでたっても竹島が韓国に武力制圧されているのは、外務省の外交能力が劣っていたからではないのですか。外交とは能力が劣っているものが努力をしただけで評価される場では無いと思うのですが、その当たりがわかっているんでしょうか?外務省は。
 既に外交努力により解決できる時期は過ぎ去ったものと認識するべきです。
 二国間では解決の糸口など見つけようが無い以上、ここは粛々と調査を進め、韓国の非常識を世界に知らしめ、国際法をうまく活用し、国際世論を味方に付け韓国の動きを多角的に封じ込めていくしかありません。

 谷内氏は親しい安倍晋三官房長官から内々に了解を取り付け、訪韓したとみられるが、官邸内の一部には「外務省は官邸に相談もなく、谷内氏の訪韓を決めた」との批判もくすぶる。

 官邸内には、会談結果にかかわらず「調査海域まで測量船を出し日本の姿勢を示すべきだ」との意見が根強く、「原則派」と「交渉派」の綱引きはさらに激化しそうだ。

 これが本当であれば、もう外務省はまともな政府機関とは呼べませんね。
 できるなら完全に解体して、一から作りなおすべきです。
 実際はなかなかそうも行かないでしょうから、せめて首相の直下に外務省とは独立した外交機関を設け、このような切迫した状態の対応にあたらせるぐらいのことはしてほしいです。

 今の外務省に高度な外交を任せるのは非常に拙いです。

|

« 共同で解決できないからごたごたが起こるのだから、ごたごたを共同で解決できるわけがない。 | トップページ | 君はコリアを見たか!? »

竹島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/9732186

この記事へのトラックバック一覧です: 弱腰外交という伝統を守る外務省:

» 日韓合意 [何でも書き書き;;;]
21日付で竹島についてエントリーしたが、22日になって韓国は6月の国際会議で韓国名提案は行わない、日本は海洋調査を中止する・・・という合意がなされ、今回の竹島騒動は一件落着した。 合意内容は、 (1)...... [続きを読む]

受信: 2006年4月24日 (月) 21:32

» 日韓合意 [何でも書き書き;;;]
21日付で竹島についてエントリーしたが、22日になって韓国は6月の国際会議で韓国名提案は行わない、日本は海洋調査を中止する・・・という合意がなされ、今回の竹島騒動は一件落着した。 合意内容は、 (1)...... [続きを読む]

受信: 2006年4月24日 (月) 21:36

« 共同で解決できないからごたごたが起こるのだから、ごたごたを共同で解決できるわけがない。 | トップページ | 君はコリアを見たか!? »