« enjoy UnKo | トップページ | 弱腰外交という伝統を守る外務省 »

2006年4月23日 (日)

共同で解決できないからごたごたが起こるのだから、ごたごたを共同で解決できるわけがない。

海底地形の日韓共同命名を 竹島問題で自民・中川氏(Sankei web)

 自民党の中川秀直政調会長は23日の民放テレビ番組で、竹島周辺海域の海洋調査をめぐり日韓が対立した問題に関連し、「海底地形の命名問題から今回の騒ぎが始まっているが、共同で研究して、一つのチームとして命名作業をする発想があってもいいのではないか」と述べ、海底地形を日韓が共同で命名することを検討すべきだとの認識を示した

 未だにこの程度の認識しかできない人が政治屋をやっているんですよね。困ったものです。こんなのがのさばっている以上、今回の惨めな結末は、ある意味当然の帰結なのかもしれません。

 ところで、今回のことに限らず、やたらと「日韓共同」を持ち出す人がいますが、サッカーワールドカップや、歴史の研究、去年の友情年…etc

 何か一つでもうまくいったことがありますか?

 いいかげん共同で何かできるという認識は捨てるべきです。

 また、日韓両国が外務次官会談で最悪の事態を回避したことについては「話し合いで意見の相違を乗り越えたのは、災い転じて福だと思う」と評価した。

 今回の妥協は、日本にとっては最悪の選択肢だと思いますが?
 そもそも、災いと呼べるものは何も発生していませんし、福と呼べる物も日本は手にしてはいません。韓国は海底の地名についての提案を完全に諦めたわけではないのですから。
 平和的な話し合いによる解決などと耳ざわりのよい言葉では、今回の失態を誤魔化すことなどできませんよ。
 後一手で詰み、というところまで来ていたのに自ら将棋盤ををひっくり返すお馬鹿さんがどこにいますか?でも、それをやってしまうのが今の日本の外交なのでしょうか。

|

« enjoy UnKo | トップページ | 弱腰外交という伝統を守る外務省 »

竹島」カテゴリの記事

コメント

少なくとも「意見の相違を乗り越えて」はいないな。

一旦ブレイクが掛かっただけだろ。

次の機会にはヘマは許されないぞ。

投稿: 煬帝 | 2006年4月23日 (日) 22:50

ヘマをヘマと認識していないなら、やっぱりヘマをしそう。
そして、この男や外務省は間違いなくヘマと認識していない

投稿: yuga | 2006年4月23日 (日) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/9728065

この記事へのトラックバック一覧です: 共同で解決できないからごたごたが起こるのだから、ごたごたを共同で解決できるわけがない。:

« enjoy UnKo | トップページ | 弱腰外交という伝統を守る外務省 »