« これを見ずして韓流を語るなかれ。韓国映画の超話題作。日本での早期公開を望む。 | トップページ | 日中関係が破滅的になれば、ユニクロという企業だってなくなる可能性がある・・・・・・なくなってもいいんじゃない? »

2006年1月12日 (木)

いつまでも与党にいさせるわけにはいかないでしょう

「次の首相は靖国参拝すべきでない」 公明・神崎代表(asahi.com)

 公明党の神崎代表は11日、福岡市内で開かれた同党福岡総支部の賀詞交歓会で「次の首相は靖国神社を参拝すべきではない」と述べ、「ポスト小泉」の次期首相は靖国参拝を自粛すべきだとの考えを示した。靖国参拝は、総裁選のひとつの争点になっており、自民党内でも議論が分かれている。連立政権を組み、国政選挙で自民党を支援している公明党のトップとして、改めて「ポスト小泉」に注文を付けた格好だ。

 なんか、最近影が薄かったからなぁ。公明党。
 ここらでビシッといって、存在感をアピールしたかったのでしょうが、いまどきこんなことを言ったところで、連立解消論が盛り上がるだけだと思うのですが、どうでしょう。
 とりあえず、公明党の議員は題目を唱えるのを自粛するべきだ

 神崎氏は、小泉首相の靖国参拝によって「中国、韓国との関係がうまくいっていない」との認識を示し、「両国との関係を修復する努力をすることも、次の内閣の大事な責務だ」と指摘した。「歴代の首相は、かつての戦争は侵略行為だ、植民地支配だ、と反省する談話を発表している。靖国神社はA級戦犯が合祀(ごうし)されているのみならず、かつての戦争を称賛している。内閣の方針と違うところに一国の首相が行くことは、矛盾した行為だ」と強調した。

 あまりにもデムパがひどすぎて、突っ込むのもかったるい。
 とりあえず、これ見て思ったこと。

 問1:次の言葉を用いて、靖国参拝を批判しなさい。

  侵略行為 植民地支配 A級戦犯 戦争を称賛

 こんな問題があったら、これはまさしく模範解答だな。その分、面白みが無いけど。

 また、自民・民主の大連立構想については「自公の連立があったからこそ(総選挙での)小泉首相の大勝利があったことを忘れないでいただきたい」と不快感を示した。

 自公の連立解消は時間の問題かもしれない。
 しかし、夢を見させてくれたのだからいいではないか。

|

« これを見ずして韓流を語るなかれ。韓国映画の超話題作。日本での早期公開を望む。 | トップページ | 日中関係が破滅的になれば、ユニクロという企業だってなくなる可能性がある・・・・・・なくなってもいいんじゃない? »

靖国神社・A級戦犯 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/8118446

この記事へのトラックバック一覧です: いつまでも与党にいさせるわけにはいかないでしょう:

» バカン崎曰く、「次の首相は靖国参拝すべきでない」 [徒然なりし蒼き夜に]
「次の首相は靖国参拝すべきでない」 公明・神崎代表(朝日新聞) 公明党の神崎代表は11日、福岡市内で開かれた同党福岡総支部の賀詞交歓会で「次の首相は靖国神社を参拝すべきではない」と述べ、「ポスト小泉」の次期首相は靖国参拝を自粛すべきだとの考えを示した。靖国参拝は、総裁選のひとつの争点になっており、自民党内でも議論が分かれている。連立政権を組み、国政選挙で自民党を支援している公明党のトップとして、改めて「ポスト小泉」に注文を付けた格好だ。  神崎氏は、小泉首相の靖国参拝によって「中国、韓国との... [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木) 01:09

» 連立解消、喜んで [陽光燦爛的日子 a diary of worldwalker]
? 「次の首相は靖国参拝すべきでない」 公明・神崎代表 公明党の神崎代表は11日、福岡市内で開かれた同党福岡総支部の賀詞交歓会で「次の首相は靖国神社を参拝すべきではない」と述べ、「ポスト小泉」の次期首相は靖国参拝を自粛すべきだとの考えを示した。靖国参拝は、総... [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木) 22:13

» ユニクロ終了 [陽光燦爛的日子 a diary of worldwalker]
「政治が経済の足を引っ張ってる」ユニクロ会長 「なぜ靖国神社に行くのか分からない。個人の趣味を外交に使うのはまずいんじゃないか」と憤るのは「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(56)。「政治が経済の足を引っ張っている」と小泉... [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木) 22:16

» 反日と防衛 [手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ]
日本の防衛の形が変わりそうだ。 アメリカ本土の演習場において、陸上自衛隊西部方面隊とアメリカ海兵隊による、島諸部の奪還演習が行われたという。 これは、沖縄の八重山諸島などへの『中国軍』による侵攻があった場合の奪還戦略の一環であり、当然、主体はゲリラ戦となるであろう。 どうも、わが国は、一般国民から、官僚、政治家にいたるまで、国内に反日組織を堂々とはべらせている、数少ない危機感のない国家であるといえる。 諸外国では、スパイ防止法もあり、又、インテルジェンスに関しては、重要視しているために、国内の不... [続きを読む]

受信: 2006年1月15日 (日) 09:45

» 自民総裁選と靖国 [七五白書 (しらけないために)]
 これまで靖国問題といいますと、小泉首相の靖国神社参拝を「待ってました」とばかりに、中韓がつけてくる“イチャモン”を契機に国内メディアが一斉に騒がしくなるというパターンをとってきました。  ところが、年明け早々に持ち上がりました「靖国」は、ことし9月に行われます自民党の総裁選挙に向けて、「ポスト小泉」をうかがう陣営間で駆け引きに端を発するというちょっと趣を異にしたものになっています。  そもそもの発端は外遊先のトルコ... [続きを読む]

受信: 2006年1月16日 (月) 15:35

« これを見ずして韓流を語るなかれ。韓国映画の超話題作。日本での早期公開を望む。 | トップページ | 日中関係が破滅的になれば、ユニクロという企業だってなくなる可能性がある・・・・・・なくなってもいいんじゃない? »