« 犬の頭はコイの餌になるからケンチャナヨ | トップページ | こちらは本家 「マンガ嫌韓流2」 »

2005年12月18日 (日)

嫌日流 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

散歩道」様からネタ拝借

韓国、「マンガ嫌日流」を発売

漫画家金聖母さん『嫌日類』出版計画

歴史資料を通じてやんわり発行したい
『韓日ワールドカップ』『独島』編まで進行
発売前にインターネットで一部を公開

『ラッキーちゃん・竜株ゴール・大毛(原文翻訳)』の漫画家、金聖母さん(36)が来年の2~3月頃、日本の『嫌韓流』を反撃した本『嫌日流』を発行する計画で大きな関心を集めている。

『嫌日流』製作のきっかけは
韓国を無差別的に卑下じて歪曲した『嫌韓流』の発刊、 この夏日本で発行されて30万部を超える販売高をあげた。右翼団体『新しい歴史教科書を作る会』副会長の藤岡 信勝、山野車輪の絵で今もたくさん売れている。

金さんは「あまりにも有名なので日本で買って翻訳して見たらとても我慢できない水準だった。先輩作家方とかの動きがなくて、インターネットで金聖母が嫌日流を描けばどうだろうかという意見があって始めた。初めは強情に出ようと思ったが今は
歴史資料提示を通じて静かにと出ようと思う。読者に向こうの恥をさらす好都合」と明らかにした。

現在『
韓日ワールドカップの章』『独島の章』まで進行した状態。来年の初め頃書店用で初冊を製作して反応によって続編の製作を決める事にした。発売の前にインターネットで一部を公開するつもりだ。

これに対してマンガ関係者の内部で反論が存在したりする。コ・キョンイル祥明大学校マンガアニメーション学部教授は「『嫌寒流』は韓流ブームに対する右翼の反発だと見なければならない。過去には韓国を意識もしなかったが今は彼らが危機意識を感じている現象を見せてくれる。私たちの立場が高くなったのでもう少し余裕を持つ必要がある。
むしろ日本を冷静に分析した『知日流』を出す方が正しいことだ」と言った。

マンガ関連者の一部では『嫌韓流』の間違いを項目別に記載した『嫌韓流百科事典』を作ろうという意見も出ている。


http://ilgan.joins.com/comics/200512/16/200512161018128871080000080100080101

http://j2k.naver.com/j2k_frame.php/japanese/ilgan.joins.com/comics/200512/16/200512161018128871080000080100080101.html

 どうしてこうも、ネタを投下しつづけてくれるんですかね。Kの国は。
 まあ「嫌韓流」は韓国にとって気に入らない内容であることは間違いないでしょうが、その気に入らないマンガのコンセプトをパクって反日本を出すというのですから、全くKの国らしいです。

 で、のっけからこれですが、

韓国を無差別的に卑下じて歪曲した『嫌韓流』

 これに対抗するものを出版したいようですが、すでに、日本を無差別的に卑下して歪曲した「国定教科書」を持つ韓国には、「嫌日流」など必要ない気がしますが。どうでしょう?

歴史資料提示を通じて静かにと出ようと思う

 どこまで歴史資料を検証できるのでしょうね。資料を精査していくと彼らが望む「嫌日流」とはかけ離れたものが出来上がるはずですが。
 下手すると書いてる途中で、ファビョって出版中止になるかもしれませんね。
 まあ、彼らには強力なウリナラフィルターがあるので大丈夫だと思いますが。せっかくのネタ本なので、頑張ってほしいです。

韓日ワールドカップの章

 さて、このワールドカップの章は、すでに出来上がっているようですが、「嫌日流」のネタとして成り立つのでしょうか?
 日韓ワールドカップ時、多くの日本人は共催国ということで韓国を応援していたんですけどね。美談にすらなっているくらいなのに。
 また、まもなくドイツでのワールドカップも開催されるというこの時期です。世界中がサッカーに注目しています。
 空気が読めているなら言い訳程度で終わらせているでしょうが、内容いかんによっては、まだ何も知らない日本人を嫌韓に目覚めさせるのみならず、さらに嫌韓の国を増やすことにもなりかねません。前回、韓国に痛い目にあわされた国なんか特にね。

むしろ日本を冷静に分析した『知日流』を出す方が正しいことだ

 冷静に分析ねぇ。出来るかどうかは別として、それをする勇気があるのですか?
 冷静に分析した上で本を出版したりした人が、いわゆる「親日派」認定されて、韓国でどういう扱いを受けているかはよく目にしますが。
 まあ、ガンガレ。

 ところで、この本、いつ出るのかなぁ。わたし的には、3月1日希望ですが。(女神降臨の日だし)
 (追記)と思いましたが、「マンガ嫌韓流2」が2月22日発売のようですから、やはりここにぶつけてきてほしいですね。

【参考】
知らされなかった韓国サッカーの“裏側”
親日作家が敗訴 9600万ウォン賠償命令(朝鮮日報)
親日家に謝罪と賠償を(ry(ここ)

|

« 犬の頭はコイの餌になるからケンチャナヨ | トップページ | こちらは本家 「マンガ嫌韓流2」 »

コメント

なんか、同じ土俵で戦うつもりでいながら、パクりかえすって発想が貧困というか・・・
それに、知日派云々の本なら、発行されてますけど何か?
ってかんじがします。

そもそも親日を糾弾してるくせに~

投稿: ゆきの | 2005年12月19日 (月) 00:31

 韓国内での知日派(親日派)の扱いは、あまりにも惨すぎますよね。
 韓国人が書いた本なのに本国では発禁で、読めるのは日本語版のみとか。
 呉善花さんなどが日本で活躍していることとかも、誇りに思ってもいいと思うんですけどね。

投稿: yuga | 2005年12月19日 (月) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106344/7685736

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌日流 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!:

» 南朝鮮で『嫌日流』出版  [陽光燦爛的日子 a diary of worldwalker]
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | 『韓国人につけるクスリ』有りますか?   \____    .____________         \  /\                ∨   \ 韓国人につけるクスリ有りません!    ___          ̄∨ ̄ ̄... [続きを読む]

受信: 2005年12月19日 (月) 11:49

» 嫌韓流までパクる半島 [脱特亜論]
昨日はブログを開設以来初めて休んでしまった。 いかんいかん! でも一応理由があってプロバイダから利用停止を喰らってしまっていたというのは秘密だ。 なんとか早急に復帰させてもらった^^; それは措いて、今日はこんなネタが。 漫画家キム・ソンモさん『嫌日流....... [続きを読む]

受信: 2005年12月19日 (月) 15:50

» 韓国でトレース作家が"嫌日流"出版+韓国有識者が「特亜」紹介 [■ 専守防衛 Exclusively Defensive Defence]
嫌韓流は韓流へのアンチテーゼであるとして(確かに内容は韓国の歴史文化全般に対してのものだが) 嫌日流の場合はそもそもの「日流」なんて言葉が無いわけで、コリアインスパイヤ [続きを読む]

受信: 2005年12月21日 (水) 02:49

» 「マンガ嫌日流」の表紙が公開・・・( ゚Д゚)ポカーン [Short Cappuccino]
だれかこの国と仲良くしなければならない理由を 教えてください…Σ( ̄□ ̄;)マジムカツク しかしこいつら日の丸いじるの好きだな…(~ヘ~;) マンガ嫌韓流 >「マンガ嫌日流」の表 [続きを読む]

受信: 2005年12月23日 (金) 23:05

» 韓国 新聞 [韓国の新聞(日本語)]
大韓民国文化観光部傘下の公社。韓国内各地の観光・文化に関する情報、 官民が提供する観光サービスの紹介。 [続きを読む]

受信: 2005年12月24日 (土) 01:27

» 韓国 新聞 [韓国の新聞(日本語)]
大韓民国文化観光部傘下の公社。韓国内各地の観光・文化に関する情報、 官民が提供する観光サービスの紹介。 [続きを読む]

受信: 2005年12月24日 (土) 01:28

» 「嫌韓流」と「嫌日流」 似た者同士のいがみ合いから見えるもの。 [つよぽんのこれナンダ?(by Fraternite at Hatena)]
かつて、私の別のブログで「嫌韓流」なる漫画を取り上げたことがある。内容は、「明治時代的文化感」(その当時の人間にとって仕方ないにしても、現代人がこれをやってはいけない。)と「論理のたてかたの間違い」(都市部の近代化を絶対的に善とするなど。一方で都市と地域の貧富の格差を生み出す可能性がある)と「無知」にあふれていた。少なくとも、歴史解説書としては到底認められないものであった。歴史学者の「作る会の歴史教科書」への批判のような批判はなく、一部のウェブ住人から賞賛を浴びていた。そんな中、一つのニュースが飛... [続きを読む]

受信: 2005年12月30日 (金) 00:27

« 犬の頭はコイの餌になるからケンチャナヨ | トップページ | こちらは本家 「マンガ嫌韓流2」 »