« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

なあに、かえって免疫力がつく

■ 寄生虫卵キムチ「なあに、かえって免疫力がつく」が妙に流行(やじうまWatch@INTERNET Watch【2005/11/29】

 最近、ネットで脈絡なく「なあに、かえって免疫力がつく」という台詞を見ることが多かった。もとをたどってみると、東京新聞が24日に掲載したコラムだったのがわかった。内容はほとんど、インフルエンザ医の特効薬、タミフルを求める人が多すぎることを嘆くものなんだけれど、最後になってなぜか、韓国産キムチの寄生虫騒ぎに話題が切り替わる。その結びの言葉が「なあに、かえって免疫力がつく」なのだ。筆者も確かに、サナダムシを腹に飼うといいこともあると聞いたことがある。ただそれはきわめて限定的なことで、「夕刊フジBLOG」によると、種類によっては体内をさまよい歩き、肝臓が腫れたりするようだ。つまり、皆さんは「かえって免疫力が付く」を批判的に使っていたというわけだ。2ちゃんねるでは、脳内に寄生する様子を写したレントゲン写真などへのリンクもあった。「かえって免疫力が付く」をどこのWebページにも寄生させられるスクリプトまでできている。「免疫力が付く」ですっかり影響されてしまった筆者、しばらくはキムチを食べる気がしない

 東京新聞さん、さりげなくキムチ援護をしてみたつもりだったのかもしれませんが、逆効果だったようですね。
 ちなみにわたしは、買い物に行くとキムチの原産国チェックをしたりします。もちろん買わないですけどね。

 せっかくだから、来年の流行語大賞にします?

新語・流行語大賞

 まあ、今年は、嫌韓流を見事にスルーしてくれましたが。

 そうそう、こちらも良いセンスしてますよ。

寄生虫の卵 感染、ラッキーかも=猪飼順 /東京(毎日新聞)

 とはいえ、さすがに自分から卵を飲む勇気はない。「キムチで感染したら、ラッキーかもしれない」と頭をかすめ、深夜に鍋を平らげた。感染よりも、まず食べ過ぎに注意すべきかもしれない。

 しかし、東京新聞に、毎日新聞。おまいら・・・_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (2)

朝鮮の新聞の素晴らしい妄言

日本の外相の嘆かわしい発言(朝鮮日報)

 日本の麻生太郎外相が、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関連し「靖国の話をするのは世界で中国と韓国だけ」と「気にしなくていい」と放言した。麻生外相は、「(首相の神社参拝問題で)日本が孤立しているとか、好かれていないとか、どうでもいいことは気にしなくていい」 と述べた。

 麻生さんGJ。見事に釣れましたね。雑魚ですけど。
 しかし、ここまではっきりとものを言うが人が外相になるとは、時代も変わったものです。

 なんとも嘆かわしい発言だ。麻生外相は小泉首相の靖国神社参拝を批判する韓・中両国に対して「いくら騒ぎ立てても、微動だにしないから勝手に騒ぎ立ててみろ」と宣言したも同然だ。

 そのとおりですが。何か?
 実際、対日カードとしての「靖国神社」はすでに期限切れです。麻生さんが、このような発言をしても注意されたり、処分されたりしないことを見ても明らかです。
 それでも騒ぎ立てますか?国旗は燃やしたし、全身火達磨もやった。指も詰めたし、次は何をやりますか?

 麻生外相は、外相になる前に、「創氏改名は朝鮮人自らが希望していたこと」といった妄言を頻繁に行なってきた人物だ。

 創氏改名によって名前を奪われたという方が妄言ですが。
 創氏は強制であるといいながらも、日本式の氏への変更は任意(届け出なければ姓が氏になった)だし、本来の姓はそのまま残りました。改名に至っては有料です。
 どう見ても、希望しない限り日本式の名前にはなれないですね。(創氏改名)

 麻生外相は、日本政界の妄言系譜に照らし合わせて、日帝の侵略に直接加わったり、同調した「妄言1世代」と80年代に歴史教科書歪曲を煽り立てた藤尾正行元文部大臣などの「妄言2世代」の後を受け継ぐ、いわゆる「妄言3世代」だ。彼らは先般の内閣改造によって小泉内閣の中心勢力として浮上した。

 なんだなんだ、妄言系譜とか妄言3世代とか。ちょーせんじんておもしろいことをかんがえつきますね(ぼうよみ)
 で、半万年妄言で生きてきた朝鮮人は、今何世代目ですか?

 なかでも、米日関係さえ良ければ、アジアとの関係はどうでもいいというような極端なアジア軽視主義傾向を警戒する声が強まっている。

 ×アジア
 ◎特定アジア
 で、今の韓国ってこんな感じでしょ?

特亜さえ良ければ、日米との関係はどうでもいいというような極端な小中華主義傾向を警戒する声が強まっている。

 イマイチかな?

 日本の政治リーダーたちが、今のように国際的なならず者のような言動を続ける場合、北東アジアの秩序は、日本はもちろん、すべてのアジア諸国が望んでいない方向に流れてしまうかもしれないという事実を懸念するとともに、この点を日本の政治リーダーたちに厳しく警告する。

 以上、国際的ならず者国家と同じ民族の妄言でした。


  日本の政治リーダーたちに厳しく警告する!
            ∧_∧
           <#ヽ`Д´>|||
           (      O// ドン!!
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
          | [反省しる!!] .|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\               | 帰って
  あ~     |               |  ゲームしよっと。
   アホくさ  .|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \_ ____
___ __/     | 聞いて損した |    V
     V         \____ _/   ∧_∧
    ∧_∧         ∧_∧ V    ( ´∀`)
   (・∀・#)         (; ´д`)     (    つ
   (    )        ( 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

nayukiがアツイ

或る編集者のオケラ日記様で、「コリアンジェノサイダーnayuki」のタイトルで盛り上がっています。

「コリアンジェノサイダーnayuki」タイトルに関しまして

「コリアンジェノサイダーnayuki」タイトルに関しまして…2

 事の起こりは、ある方が、タイトルに「ジェノサイダー」はマズイだろ(超意訳)、とコメントしたこと。(くわしくは「コリアンジェノサイダーnayuki」タイトルに関しまして
 彼の意見は確かに一理あります、ということでブログ主のイト様が広く意見を募ったところ、次々とタイトル案が寄せられてきているところです。

 楽しそうなのでわたしも2つほど投下してきました。

「コリアン バスター nayuki」

「コリアン クラッシャー nayuki」

 どうでしょう?わたしとしては、「バスター」の方が気に入っているんですけどね。
 やっぱり、「コリアン ジェノサイダー」に比べるとインパクトに劣る感は否めない、かな?でもジェノサイダーだと、どうも対外的な受けが良くなさそうなんですよね。難しいところです。ただ、タイトルを変えるにしても元の雰囲気は残してほしいなとは思います。

 で、すでに、多くの案が出ているのですが、その中でも気になったものを一つ。

駆逐韓NAYUKI

 見事にツボにはまってしまいました。駆逐ですよ、駆逐。座布団一枚!

 まあ、最終的には、見事なタイトルがつくでしょう。期待しています。>イト様
 来年の3月1日が待ち遠しいです。(この日に発売日を決めたセンス最高です)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

高級ブランドに殴り込みニダ

現代車、“レクサス”のような独自ブランド導入検討中(朝鮮日報)

 現代自動車は28日、来年末から2007年初めに発売予定の高級大型車「BH」(プロジェクト名)に独自ブランドを導入することを計画中であるとを明らかにした。

 チェ・ジェグク現代車社長は、最近西江(ソガン)大で開かれたCEO特別講座で「来年末に初生産される予定の高級大型車BHには現代という名前は使わずに新しいプレミアムブランドを用いることを検討中」と語った。

 
現代車はトヨタのレクサスや日産のインフィニティのように、別途に独自のプレミアムブランドをつくる計画を持っている。

 現代車のBHは、BMWの5シリーズやレクサスのES330と張り合う高級車を標榜している。

 独自ブランドを立ち上げるのはかまわんのですが、そのブランドに見合った品質を保てるんでしょうかね。

 トヨタにしても日産にしても長い年月をかけて積み上げてきた技術とか信頼性とかそういう下地があってこその、高級ブランドだと思うのです。

 さて、現代にはそのようなものがあるのでしょうか?他もやって成功しているから自分もなんて、認識が甘すぎませんかね。
 その前にやることあるんじゃないの?安全性の向上とか、アコードもどきといわれないような独自のデザインとかね。

【参考】伝統のコンパクトカー(FLASH)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ココログ重過ぎ

最近また惨いですね。_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

皆さんも朝鮮しましょう

外国大使夫人ら、キムチ漬けに朝鮮(朝鮮日報)

chosen

えっと・・・・・・ギャグですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

アイゴー! 日本のネットで嫌韓流が燃えているニダ

■[日本の嫌韓流の現況]インターネットで点火し, ブログへ燃え移る(東アジアニュース速報+@2ch掲示板)

日本の嫌韓流が、ネットの世界で拡がっている。ウェブサイトやブログには、韓国人を貶して侮蔑する文がますます溢れ返っている。日本のインターネットで、嫌韓流は今や大きな流れになった。極右政治家や産経新聞など保守系メディアの影響力がかえって小さく感じられるほどだ。<中略>

こうした流れに火を付けたのは『マンガ嫌韓流』だ。反韓感情に関する限り、日本ではマンガとインターネットなどのオルタナティブなメディアが既存の主流メディアを追い抜いて伝播の主な舞台になっているわけだ。

そのなかでも、嫌韓の震源地はインターネットサイトの掲示板だ。代表的匿名掲示板である「2ちゃんねる」では、「ハングル」、「極東アジアニュース」、「既婚女性」などの掲示板に嫌韓の文が集中している。

それぞれの掲示板が更に数百のスレッドに分かれているから、嫌韓の内容はそれこそ多様だ。「ヤフージャパン」、「ライブドア」など大型ポータルサイトの掲示板にも嫌韓の文が随分多くなった。最近では個人のブログに炎が燃え移っている最中だ。<中略>

特に注目されるのは、これらの怒りが日本の既成政治権に向かっているという点だ。インターネットの文は、「韓日友好を過度に意識して弱腰外交に終始している」政治家らと主流メディアに対する鬱憤と、ネチズンたちの攻撃を、先導している。

専門家らは、偏見や間違い、断片的な事実などを土台に生成されているこうした嫌韓感情に対して、憂慮の視線を送っている。もちろん、顔を現わさないインターネットの性格ゆえ嫌韓感情が過去に比べて大きくなったのはむしろ当然だ、という指摘も多い。 公開批判を憚る風土を持った日本で、韓国を嫌う人々が隠れて本心を打ち明けるのは自然な現象というのだ。

しかし、嫌韓流のメッセージが政策変更を狙って体系的に繰り返されているという点が問題だ。嫌韓活動は「ネット右翼」と呼ばれる右翼勢力が主導している動きに最近共感する人々が増えていることも事実だ。特に日本の若い世代の性向が保守的なのも、決してこれと無関係ではない。しかも韓国のネットでは、これと反対に反日色彩が明らかになっており、韓日の若い世代の葛藤や未来の両国関係を憂慮する見方が増えている。

東京工科大学メディア学部の李光鎬(イ・グァンホ)教授は、「インターネットを通じた韓国人らの反日感情も過激な面が多いから、相乗作用による悪循環が起きないよう、互いに興奮するのではなく冷徹に観察・分析する理解の姿勢が必要だ」と指摘した。

▽ソース:韓国日報(韓国語)(2005/11/27 18:27 )

http://news.hankooki.com/lpage/world/200511/h2005112718244122450.htm

 「マンガ嫌韓流」が火付け役?火をつけているのが自分たちだという認識がない時点でアウトですね。

 この現象をあえて言うなら、韓国が日本に対して付けた火が、マンガ嫌韓流や2ちゃんねる、ブログが起こした「風」にあおられて、火を付けた本人に向かってきているに過ぎない、といったところですか。

専門家らは、偏見や間違い、断片的な事実などを土台に生成されているこうした嫌韓感情に対して、憂慮の視線を送っている。

興奮するのではなく冷徹に観察・分析する理解の姿勢が必要だ

つ鏡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZガンダムII

 見てきました。
 新作カットも多く見ごたえはありました。(ここまでやるなら、従来のシーンも新しく描き直したほうがいいんじゃないかという気もするけど)
 やっぱり、前回同様、飛ばしまくりです。初めて見た人(TV版を見ていない人)にはついていけない可能性大です。
 ただ一つ不満というか、フォウの出番少なすぎない?このあたりもどんどん進んでいって、深みが足りないような気がします。もっとじっくりとやってほしかったですね。
 さて、次で完結ですが、ラストは変えてくるのかな。なんか、そういうのを匂わす次回予告でした。とりあえず、期待しながら待っていましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

対日カードは期限切れです。再発行はありません。

韓国大統領「対日カード」効果消失(Sankei web)

 【ソウル=久保田るり子】日韓関係は、小泉純一郎首相の靖国神社参拝、歴史認識問題、竹島問題の“3点セット”を「韓国への挑戦」と断言した盧武鉉大統領の強硬姿勢で、「首脳外交は凍結状態」となった。だが、過去に韓国では支持率上昇に効果的だった盧大統領の対日強硬カードも、今回は人気度に貢献せず注目度も低かっただけでなく、大統領の「過去への固執」を憂慮して「日韓には協議すべき問題が多々ある」などといった指摘も出ている。

 南朝鮮でいくら騒いでも、日本が相手をしなければこのとおり。
 靖国は歴史の問題はそのまま放置で、あとは粛々と、竹島問題で韓国を国際法廷の場に引っ張り出す算段をすればよろしいかと。

 韓国で靖国問題に関心が集まらないのは「独島(竹島)問題は領土問題だけに愛国心を強く刺激するが、靖国問題への一般的な国民の関心はぐっと低い」(同)ためだ。また「盧政権は政権運営にさまざまな問題を抱えており、昔のように反日姿勢だけで支持率が上がる状態ではない」(大手新聞論説委員)との見方や、「日韓が一緒に解いていかなければならないことがいかに多いか。それなのに両国政府は相変わらず過去に縛られている」(中央日報)という批判も出た。

 つまり「靖国問題」でファビョっている朝鮮人は、ごく一部ということかな?(まあ、そのごく一部でも靖国神社に位牌などという低レベルっぷりだけど)
 なのに、その部分だけをことさら強調してあたかも総意であるかのような印象操作をする日本のメディアってありますよね。まあ、どことは言いませんが。

 韓国メディアは「もし盧大統領が年内訪日を決めたら対日譲歩であり大ニュース」とみる。支持率上昇に貢献しなくても、さらなる低迷を避けるために、盧大統領は対日強硬路線の旗を降ろすわけにはいかないようだ。

 小泉さんにしても、安倍さんにしても、麻生さんにしても、強硬路線が通じる相手ではないのは一目瞭然。
 飯島酋長はすでに八方塞がりです。生暖かい目で見守ってあげましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

まあ、中で何をやっていてもかまわないのだが

『私の名前はキム・サムスン』酷似のドラマが続々登場(朝鮮日報)

 今年の夏に太って見た目は劣るが逞しい独身女性のキャラクターで人気を呼んだMBC ドラマ『私の名前はキム・サムスン』のヒロイン、サムスンに似たキャラクターが多くのドラマに登場している。

 朝鮮人のわかりやすい習性を垣間見た気がします。

 とりあえずパクれ!!

 犬HKさん、まさかこんなの輸入しないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

You've Got Mail! 北からの指令が届きました

北朝鮮から韓国の地下組織に指令、5年間で670件(YOMIURI ONLINE)

 【ソウル=中村勇一郎】北朝鮮から韓国に潜むスパイや地下組織に対して、最近5年間で計約670件の指令が送られていたことが24日、国家情報院の調べで明らかになった。情報院が同日、国会に報告した。

 のっけから、話題とは関係ないのですが、最近「中村」という名字につい反応してしまう今日このごろです。まあ、今回は読売の記事なので関係ないんですけどね。

 しかし、スパイや地下組織なんて、まるで映画に出てきそうなシチュエーションですね。
 これも平和ボケといえばそうなのでしょうが、それとは別に日本の場合は公然と工作機関があるから・・・

在日本朝○人総連合会 とか 在日本大○民国民団

なんかイマイチ、ピンとこないというか。

 公安関係者によると、北朝鮮からは年間約8万件の無線通信があるとされるが、その多くは日本や韓国に潜む地下組織や協力者向けの指令とみられている。

 イマイチよくわからないのですが、これって年間8万件のうち韓国が把握できているのが数十件から数百件てこと?だとしたらなんかお粗末な気が・・・
 ところで日本の協力者って、たとえば朝日の加○工作員のことですか?

 でもいったいどんな指令が来ているんでしょうね。

                 われらがしょーぐんさま
                                          ,r'⌒  ⌒ヽ、 
                                         f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ
                                         ゞ‐=H:=‐fー)r、)
        お前ジミだな                ゙iー'・・ー' i.トゾ
        二重まぶたに整形しろ    l、 r==i ,; |'
                                           ー--―''
              / /
              /
                  /    ビビビ
    i────、   
   /┌:::::::::::┐.ヽ 
   ヽ;/ニ i i ニヽ/ 
  (((ヽノ(、_,ノヽ))) 
   ヽY<ー=‐>/   了解ニダ
     ー-─" 
   こーさくいんN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

改名は昔も今も"トレンド"ニダ

「私も変えたい」裁判所に改名申請殺到東亜日報)

ソウル家庭裁判所・相談室関係者らによると、改名を申請する理由のうち、最近は、「人生を変えてみたい」という理由が多くなったという。具体的には、「もっと勉強がはかどりそうだ」「お金がもうかりそうだ」「会社がうまくいきそうだ」「離婚後の新しい人生がより幸福になりそうだ」といったたぐいの、個人的な内容が大きく増えたという。

 いやもうホント、どうでもいい理由ばかり。「**そうだ」って、いったい何を夢みているのでしょう。その願望がかなうまで、名前を変えづづけるのでしょうか?
 あんた達にとって名前って何なのよ?

 ちなみに、今さら誰も信じないでしょうが朝鮮人は名前に誇りを持っているそうです。

 韓国・朝鮮の慣用句に「わたしのいっていることが嘘なら自分の名前を変えてもいいです。」という表現があるくらい韓国・朝鮮人は自分の名前に誇りを持っています。その誇りを日本は植民地支配時代に、創氏改名(朝鮮人全員に日本風の氏名を強要する)政策で踏みにじりました。そのときに付けられた名前が、植民地支配が終わった後も、日本社会で生きるための方便として使用されてきたのです。( ムジゲタリ 指導の手引き 5.本名指導より)

 あっという間にお腹いっぱいになること受け合いのサイト(和歌山の日教組が作った本のWeb版らしい)ですが、とりあえず、名前を変える朝鮮人は存在自体が嘘ということで桶ですか?

 全国の日教組の皆さん、朝鮮人はあなたたちが考えているほど名前に誇りは持っていないようです。残念!


   ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  <丶`∀´> <  名前なんて飾りニダ
  (    )  │ 日教組の中の人にはそれがわからんニダ
  | | |   \_________________
  〈_フ__フ

 あ、名前とは関係ありませんが、無理して日本社会で生きてくれなくてもいいことは今さら言うまでもありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月24日 (木)

まーだまだいくよー!み(ry

ADON-K様のところで発見

マンガ嫌韓流の真実!場外乱闘編~コリアンVOW!icon

 なるものが発売されるらしいです。

いわばビジュアル版「マンガ嫌韓流の真実!」。写真、統計、新聞記事を引用し、短い解説を加えます。

 これはぜひ買わなくてはいけませんな。
 「マンガ嫌韓流の真実!」は、手に入れて読んだのですが、確かに「マンガ嫌韓流」の補足・解説本としては、十分なものでした。(手にした瞬間、そのあまりの薄さに一瞬萎えてしまったのは秘密です)
 しかし、ビジュアル的には物足りないなとは感じていましたので、第2弾としてこのような本が出るのは大歓迎です。(というか、商売上手ですな。宝島社)

 さらに、コメント欄には、「嫌韓流 実践ハンドブック(晋遊舎)」なるものまであったり。

 さて、日韓友情年などという虚構もあと一月ちょっとで終わりです。
 来年は、さらに「嫌韓」から目が離せない年になりそうですね。(本心的には、特定アジアが視界から消え去ってくれるのが一番なんですが・・・)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年11月23日 (水)

日本の未来は、朝鮮の未来と交わらないことを祈ります

韓日議員が討論、未来のための協力で熱弁振るう(聯合ニュース)

 日本と韓国を結んで不毛な討論会をやったようです。

  【ソウル22日聯合】日本の自民党の山本一太議員は22日、「盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の対外政策は一貫性がなく、自民党の7~8割は韓国の外交戦略を懸念している」と述べた。 山本議員はこの日、ソウルと東京をモニターで結んで開かれた韓日国会議員討論会でこのように述べ「盧大統領は日本が覇権主義だとよく言うが、これは韓日関係を20~30年後退させる行為」と批判した。

 個人的には、山本一太はなんかしっくりこないのであまり好かんのですが、この直球発言はなかなかいいのではないでしょうか。ヒトモドキに通じるかどうかは別の話ですが。
 ところで、韓国外交を懸念していない、お気楽な2~3割の人って誰なんでしょうね。
 おなじみの何人かはパパッと思い浮かびますが。

 これに対し、与党・開かれたウリ党の宋永吉(ソン・ヨンギル)議員は「周辺国の反対にもかかわらず一方的に靖国神社参拝を続けていること自体が覇権だ。互いに国民感情を傷つけていることを今回の機会を通じ深く理解し注意しなければならない」と指摘した。

 「あなたのおっしゃる周辺国って、どの国のことかしら」などという、お決まりのセリフしか出てきませんです。ハイ
 しかし、この議員、靖国参拝が覇権だなどと、自分の言っていること、本当にわかって言っているんでしょうか。

 お前、「覇権」って言いたいだけちゃうんかと。

 日本のお花畑レベルのレッテル貼りを、大統領や国会議員がやってのけるのですから、斜め上の国は一味違います。

 宋議員は「アジア太平洋経済協力会議(APEC)での韓日首脳会談が形式的なものにとどまり、盧大統領の訪日も不確実になったのは、小泉純一郎首相の靖国神社参拝のため。韓日関係が発展するには、反覇権主義的な真の民主主義が必要だ」と強調した。朴議員は「相手国の国民を刺激する発言を自制しなければ共感を大きくすることはできない」とし、元議員も「韓日関係が未来に向かおうとするなら、互いの傷に触れるのはやめるべき」と指摘した。

 傷口に指を突っ込んで、ひたすらネチネチとこねくり回しているのはお前らだろうが。それどころか、本来なかった傷まで作ってさらにネチネチと・・・
 とりあえず、互いの傷に触れるのをやめるなら、国交断絶が手っ取り早いですね。
 真の民主主義のない国と関わるのなんで、時間の無駄ですよ。>朝鮮人の皆さん
 特定アジアで、真の民主主義とやらを築いていってください。

 これに対し日本の議員らは、対米外交に集中している日本の外交政策を反省する一方で、東アジアの未来発展のため、韓日間の自由貿易協定(FTA)締結を通じ東アジア経済共同体を構築することを主張した。山本議員らは「日本の外交の中心は日米同盟で、これを維持しながら韓国や中国に対する外交政策について悩んでいる」とも指摘した。河野委員は「欧州連合(EU)や米国と競争するためには、韓日両国の経済を統合するしかない。韓日FTAを締結し、東アジア経済共同体の基礎を築くべき」と主張した。

 そんなことをしたら、法則が発動してしまうではないですか。
 ホンの100年ほど前に、同じようなことをしてずいぶん吸い取られたんですから。
 やつらには、特定アジア経済共同体でも作らせておいて、日本は無視を決め込むのが一番ですね。

 両国の国会議員らはしかし、韓日関係改善と東アジアの未来のためには、両国の若い政治家らが過去を踏まえた上で未来志向的な課題について協力していかなかればならないとの点では認識が一致した。元議員は「日本は大国であるだけに、これからは内政だけに没頭せず、国際的なバランス感覚を持つべき」と主張し、朴議員も「自衛隊強化論は北東アジアの平和繁栄に役立たないため、戦後世代が北東アジア対立の解消という共同課題を解決していくべき」と指摘した。河野議員も「日本の保守化と右傾化は経済的な自信感を喪失したことの原因を、国の外で探している現象。靖国神社参拝が周辺国にどのように受け入れられるか考え、アジア共同体のを構築していくべき」と述べた。

 ちなみにこの河野議員とは河野太郎なのですが・・・

 taro yohe

 どう見ても親子です。
 本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年11月22日 (火)

ぱにぽにだっしゅ!21話にて

HPはこちら

以前に「ホロン部」ネタ(朝鮮カンサツ日記より)もあった「ぱにぽにだっしゅ!」ですが、今回はこれでした。

paniponi
(元ネタがわからない人は、ここのちょうどまん中あたりをみてください。パクリ大国 南朝鮮 より)

さすが「ぱにぽに」、そこにシビれる! あこがれるぅ!

ちなみに関東地方での放送局は、テレビ東京です。やはりただ者ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月21日 (月)

とりあえず、キムチネタでも

「キムチに優れた食中毒予防効果」(中央日報)

  韓国食品研究院が微生物実験を行った結果、自然発酵した国内産キムチが主要食中毒菌のサルモネラ菌、ブドウ状球菌、ビブリオ菌、病原性大腸菌の生育を抑制するのに卓越した効果があることが確認されたと、21日、明らかにした。

 でも、寄生虫には効かないらしい・・・
 なんか、いかにもなタイミングでの発表ですが、数少ない真のウリナラ起源(唐辛子の出所はケンチャナヨ)ですから、まあそれなりに必死なのでしょう。
 たしかに適量を摂れば優秀な食品なのでしょうが、今は、食品としての優秀さよりは食品としての安全性が先でしょうに。

 プレゼンなんかでは、自社製品の問題点もあげながらそれ以上のメリットがあることをアピールしたりもするんでしょうが、今回のように問題点が致命的だと、いくらメリットを並べ立てても全てが霞んでしまいますね。

 しかし、キムチのイメージアップのためにこの手の話題を出してくるところをみると、寄生虫対策は今のところ打つ手なしとみていいのかな。(イヤ、打つ手なしというよりはやる気なしか?)

・・・まあ、ぼちぼちやっていきますか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

なんとなく仕事が落ち着いてきた感じ

てな訳で、このブログの立て直しを図ろうかなと.。

とか言いつつ土日はいない可能性大だったりするのですが。

読みたい本もたまっているし、Zガンダムも見に行きたいし。

ま、色々やりたい事もあるので徐々に盛り上げて逝こうかなと思います。

・・・まるっきり時間がなかったわけじゃないんですけどね。やる気が起きなかったんですよ。セロトニンが足りてないです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »