« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

エキサイト ダメポ

イタイ、イタすぎるですよ。エキサイト(たぶん期間限定)

http://www.excite.co.jp/(数回見ると終わりのようですhttp://www.excite.co.jp/a/050829_mt.dcg

しかし、ここまであからさまだと引くよなぁ。

エキサイトってイオンの系列でしたっけ?って、系列でこんなことやったらヤバいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南朝鮮くおりちい

朴元大統領ら3000人名指し 韓国で「親日」名簿発表(Sankei web)

 植民地支配下で日本に協力する「親日行為」をした人物について、韓国政府などから支援を受け調査をしている同国の「民族問題研究所」は29日、朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領を含む約3100人の「親日行為者」の名簿を発表した。

 今回の電波は超弩級です。まぢ、吐き気がしてきます。
 普通の国だったら、「親日名簿発表」ときたら、日本との友好に貢献した人を発表と取れなくもないのですが、もちろんKの国でそんなことがあるはずもございません。

 韓国においては、親日=売国です。
 まあ、ここで名前をあげられた人達が本当に親日だったり売国奴だったりするのかはわかりませんが、今の韓国の体制を維持していく上でその功績を認めると都合が悪い人物というのは確かなような気がします。

 国の主導でこのようなことをするなどキチガイ国家の面目躍如ですね。
 ちなみに今回は第一弾。親日さらしあげはまだまだ続きます。

 名簿では、植民地支配下における(1)高級官僚や議員(2)軍将校や警察官(3)判事や検事―らが挙げられた。旧日本軍中尉だった朴元大統領のほか、解放後の検察庁長官や陸軍参謀総長、保守系有力紙の朝鮮日報と東亜日報の元社長、文化人も名指しされた。民族問題研究所は「民族独立を妨害するなど植民地支配に協力した者」と説明している。

 もともと独立する力がなかったのが朝鮮の実情です。
 併合当時、国力を食いつぶしていた支配階級こそが独立を妨害した張本人だと思うのですが、今も昔もそこまで頭が回らないのが朝鮮人。100年以上進歩なし。

 ところで、”民族独立を妨害するなど植民地支配に協力した”最大の功労者はこの人しかいないと思うのですが、いかがでしょう?

an

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年8月30日 (火)

それは朝日だから

<朝日新聞>新党結成取材で情報ねつ造、記者を懲戒解雇(毎日新聞)

 朝日新聞社は29日、田中康夫・長野県知事らの新党結成問題について、田中知事の取材メモをねつ造し、虚偽の記事を掲載したとして、同日付で長野総局の西山卓記者(28)を懲戒解雇し、木村伊量・東京本社編集局長らを減給・更迭するなどの処分をしたと発表した。

 相変わらず期待を裏切らずに捏造記事を掲載しつづける朝日です。
 しかし、NHKのときと違い対応が早いですね。
 この記者は朝日にとっては、トカゲの尻尾きりにしても痛くない人材ということでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

なんだかんだいっても注目の選挙区

それはもちろん広島6区です。

ホリエモンVs亀井静香(それに埋没する民主 佐藤公治)

 この人たちが日本にとって有益なのかどうかはわかりませんが、広島6区の当事者ではない者としては、見守りつつ現状を楽しむしかありません。

 というわけで探偵ファイルでアンケートやってます。(リンク先消失してました)

総選挙アンケート!  ホリエモンvsしずかちゃん

 探偵ファイルという、とてもではないが老若男女の幅広い層が訪れるとは思えないサイトでのアンケートなので、何らかの偏りはあってしかるべきですが、探偵ファイルなのでイチイチ気にする必要はなし。

Q  どちらに投票しますか?

 民主党佐藤氏 完全にカヤの外です。ちょっとかわいそう。
 ホリエモン、圧倒的です。が、たぶんホリエモンの政策などが気に入って投票した人はほとんどいないと思われ。 

Q  どの政党に投票しますか?

 自民が強いようですね。テレビや新聞の調査よりもその度合いが顕著です。

Q  不必要(嫌い)な政党はどこですか?

 神崎「圧倒的ではないか。我が軍は!」(注:こういう時に使うセリフではありません)
 というか、それ以外がほぼ横並びというのもすごい。
 創価の人はあまり探偵ファイルを見にこないみたいですね。

 「ホリエモンvsしずかちゃん」というほどのアンケートか?
 それよりも、公明党の不人気ぶりのほうが興味深かったりして。

 で、アンケートつながりで、こういうところへ誘導してみます。

日本売国王ランキング

売国党員投票所

 なぜここの上位の人物がそう呼ばれるかは、ネットで調べましょう。今回の選挙でも、要注意人物ばかりです。

 ヤフー!で「売国奴

| | コメント (1) | トラックバック (9)

2005年8月28日 (日)

請求権は双方に無いのです

首相、従軍慰安婦問題「韓国政府と立場違う」(NIKKEI NET)

 小泉純一郎首相は26日、自民党本部で記者団に、韓国政府が従軍慰安婦問題で日本の法的責任が残っているとの考えを示したことについて「韓国の政府と立場は違う」と述べ、請求権などの問題は解決済みとの認識を示した。

 とりあえず、小泉さんGJ!
 まあ、捏造従軍慰安婦に請求権が発生すること自体がおかしいのですが、とりあえずそういうのも含めてありとあらゆる請求権の問題は日韓基本条約で解決済みです。
 韓国政府がその程度の認識も持てないとは、独立してからの数十年で国際社会の何を学んできたのでしょう。斜め上国家はどこか違います。

韓国の言い分

「慰安婦など日本に責任」 韓国政府、外交措置の方針発表(Sankei web)

 方針の中で、韓国政府は、日韓条約締結に至った対日請求権交渉は、日本の植民地支配についての賠償請求を行うためではなく、両国間の財政的、民事的な債権債務関係を解決するためのものだったとの基本認識を強調。そのうえで、慰安婦問題などは「日本政府や国家権力が関与した反人道的不法行為」として、請求権交渉で解決したとみることはできないとの立場を示した。さらに、日韓交渉で除外されたサハリンの在留韓国人、韓国人原爆被害者に関しても、日本政府の責任を追及する-としている。

 頭イタイ。
 何をしても、後から自分たちに都合のいい解釈をつけるんですよね。
 だから事後法なんて物をぽんぽん作るんですよ。

 当時本当にそう思っていたのなら、従軍慰安婦の問題もそのときに交渉しておきなさい。

 はぁ、奴らから条約破棄してくれないかな。
 そしたら、日本が払った分の補償を全額返してもらって、さらに半島に残してきた資産を今の金額になおして請求して、国交断絶できるのに。もちろん在日も全部返還ですよね。
 ・・・・・・涙が出てきそうなくらいすばらしい未来を妄想してしまいました_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年8月27日 (土)

嫌韓流 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

Amazon.co.jp(和書総合、8月15日~8月21日)(asahi.com)

1位 マンガ嫌韓流
2位 マンガ中国入門 やっかいな隣人の研究
3位 新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論

 今までなにかと理由をつけてランキングに入らなかったasahi.comでマンガ嫌韓流がついにきました。
 マンガ中国入門も同時ランクイン。
 今さらなんですけどね。
 取り合えず朝日の言い訳。

※Amazon.co.jpからのおことわり:これまで漫画のタイトルにつき除外しておりました『マンガ嫌韓流』と『マンガ中国入門 やっかいな隣人の研究』を今回よりランキングに含めております。

 え?ランキングに嫌韓流と中国入門が入っていなかったのは、amazonの判断なの?イヤ、とてもそうは思えないんですが?
 そもそも

※ランキングの対象書籍にコミックは含まれていません。

 とか書いていながら、それ以前のランキングには靖國論がしっかりと入っているんですが。
 ちなみに分類的には嫌韓流も中国入門も靖国論もコミックではありません。
 
ならばすべてランキングの対象になるはずです。もしくはマンガという表現方法を使ったものをコミックとするなら全て対象にはならないはずです。
 となると嫌韓流がランキングに入らず、靖国論が入る理由がわかりません。
 また
普通に考えて、本を専門に扱っているところがこのようなどっちつかずの判断をするとも思えません。
 結局のところ朝日の思惑が多分に影響していると考えるのが普通ですよね。

 え?朝(鮮)日(報)だからケンチャナヨ(気にするな)

【補足】
ISBNコードというものがあります。
ISBN4-88380-478-X(<-これは嫌韓流)こんなやつです。本の裏表紙とかに書いてあるはずです。
その後ろにCから始まるC9476(<-これも嫌韓流)のような4桁の数字があります。この4桁の数字の下2桁がC**79ならコミックです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

民主アンケート キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

政策世党:民主党ネットモニター調査

前回モニター登録したので、メールで連絡がきました。

今回は第27回です。お題はこれ。

日頃より『世党@net』へのご支援・ご協力、誠にありがとうございます。
衆議院が8月8日に解散され、民主党は9月11日の衆議院議員選挙での
政権交代をめざし、日夜全力を尽くしています。
さて、公示日を目前に控えた今回のアンケートでは、

民主党8つの約束の評価、衆院選の争点、投票予定政党、
政権の枠組み
についてお伺いします。
下記URLよりアンケートにご協力いただければ幸甚に存じます。

 公示直前ということもあり今回はアンケート期間が8/27~8/29と非常に短いです。
 さて今回は民主にとって喜ばしい結果となりますやら。
 
ちなみに、わたしは民主支持ではありませんし政権交代などもってのほかだと思っています。ダカラ自民ヨ、モウスコシシッカリシテクレ

 さて今回の設問ですがこのようになっています。

Q1.民主党の岡田克也代表は20日、マニフェストの重点政策にあたる「日本刷新 8つの約束」を発表しました。この中であなたが特に重視する政策を3つまでお選びください。(8つ全部書くと長くなるので省略)

Q2-1.小泉首相は郵政民営化の是非を次の衆院選挙の最大争点にしています。民主党は年金改革・子育て支援などもっと大事なことがあると考えています。あなたは投票の際、あえて選ぶとすれば、(1)郵政民営化、それとも(2)年金改革・子育て支援のどちらを重視しますか?

Q2-2.Q2で「その他」と答えた方(具体的に)

Q3.あなたは現在、来る衆院選挙でどの政党への投票を考えていますか?

Q4.衆院選後、民主党、または自民党、どちらの政党の政権を期待しますか?

 前回同様設問が微妙なものがあります。

 Q1での「8つ約束」は取り立てて民主のみが主張していることではないのですが、その中でも興味があることをチョイスしておきました。自衛隊のイラク撤退とかもありましたが、何も考えてなさそうなのでパスです。

 Q2-1ですが、ここで郵政の対極として年金を持ちだしどちらか選べというのはどうなんでしょう。民主もそれほど深く考えてない印象をもってしまうんですが。まあ、第3の選択肢として、「その他」があるのでよしとしましょう。

 Q2-2 1で「その他」としたのでつらつらと書いておきました。たぶん民主に気に入ってもらえそうなことは何一つ無いでしょう。

人権擁護法案反対
外国人参政権反対
北朝鮮経済制裁賛成
在日朝鮮人優遇措置廃止
首相の8月15日靖国参拝切望
スパイ防止法緊急的成立
竹島問題早期解決
ODA見直し(中国不要)
台湾との国交樹立

 Q3も、その他でもよかったのですが一応自民へ。実際のところその他か自民の二択です。世間一般?の感覚的に自民が選択肢の一番上にきてるかと思ったら一番上は民主でした。危うく間違えるところでした。(民主のアンケートだから当たり前といえば当たり前ですか)

 Q4設問としては問題ないのだけど、なんで選択肢に「自民党単独政権」が無いんでしょう。自民単独マンセーという気は毛頭ありません。が、わたしは公明党も大キライです。
全くあり得そうもない「民主単独」があるなら「自民単独」も入れておくべきです。差別です。謝罪と賠償を(ry

 まあ、選挙前にしては面白みのないアンケートだと思うのですが民主に現実というものをわからせるためにもアンケートに参加してみてはいかがでしょうか?

 と思っていたら、アンケート後に見ることができる結果に愕然。
 今回は民主の支持者が多いのですか?それともホントに素でQ3、Q4で選択肢の一番上に民主がきているのに気づかず自民だと思っていれたの?

 この後の動向に注目です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年8月26日 (金)

食品と体臭

カネボウフーズなど、ガムの香りが皮膚から放出することを実証(日刊工業新聞)

 カネボウフーズ(東京都港区、吉岡秀洋社長、03・5446・3291)は25日、香気成分をガムなどとして摂取すると、同成分がヒトの皮膚から放出されることをピコデバイス(名古屋市昭和区、阿部孔一社長、052・735・7327)との共同研究で確認したと発表した。食品摂取を通じて、体臭に影響を与えられることも実証した。研究成果は、9月14―16日に名古屋大学で開かれる日本食品学会で発表する。

つまり、キムチを食べ過ぎると・・・

余談だが、「にかんこうぎょうしんぶん」と入力して初めに「日韓工業新聞」と変換されたことに、ちょっと鬱。orz

| | コメント (0) | トラックバック (1)

民主党にとっての”民”は日本人ではありませんでした

夏ばてなのか、最近むちゃダルいです。ブログで書きたいことも無いことも無いのですが、気分が追いつきませんです。ハァ~

外国人学校・民族学校について(奥田けんじブログ)

一時期話題になった民主党の奥田けんじ氏のブログです。
以前に指摘されていた朝鮮人学校のことに対する回答のようなものがエントリーされました。
疲れているので一言だけ。

やっぱ民主は危険だわ。

奥田さん、あなたはいったいどこの国の政治家ですか?

ちなみに奥田けんじ氏は、ブログのほかにHPも持っているのですが、このアカいHPどうにかしてほしいと思うのは、わたしだけでしょうか?

スマン、もう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

暗号を共有に設定しました

韓国軍の暗号解読表がネット流出、緊急用に切り替え(YOMIURI ONLINE)

 【ソウル=中村勇一郎】韓国軍の暗号解読表が22日、インターネット上に流出し、同国国防省は同日、これまでの暗号の使用を中止し、緊急用の暗号に切り替えた。

 相変わらずネタを提供し続けてくれる国です。
 ほぼ間違いなく内部の人間の仕業だと思うのですが、どうでしょう。
 まあ、仮に外部からのハッキングだとしたら、内部犯だった時より事態は深刻ですけどね。

 報道によると、解読表は22日午前、ネット上の掲示板に掲載され、「軍が作成した最新の文書で多くの人に共有してもらいたい」と記されていた。韓国軍中尉の名で掲載されていたが、この中尉は国防省の調査に「覚えがない」と話しているという。

 ホント、よく教育された軍隊でつね。(棒読み)
 このまま捕まることなく、ネタを提供してくれることを期待します。

 とはいっても、日本でも他人事などといってはいられませんけどね。
 そのあたりの教育にはもっと力を入れるべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

嘘とはいえなからOK 百人斬り訴訟

「百人斬り」報道、旧軍少尉遺族の損賠請求を棄却(YOMIURI ONLINE)

 請求棄却です。
 この手の裁判では、地裁レベルでまともな判決を望むのは無理なのでしょうか。

 1937年に旧日本軍が中国の南京へ侵攻した際、2人の少尉が中国兵を競って切り倒す「百人斬(ぎ)り競争」を行ったとする記事で名誉を傷付けられたとして、少尉の遺族が毎日新聞社(当時の東京日日新聞)、朝日新聞社、柏書房の3社と、本多勝一・元朝日新聞編集委員に計3600万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が23日、東京地裁であった。

 土肥章大裁判長は「真偽について見解が分かれ、歴史的事実としての評価は定まっておらず、明白な虚偽とは認められない」と述べ、請求を棄却した。原告は控訴する方針。

 これって、真偽が定かでないものは嘘とはいえないから、さも本当の事のように記事を書いても無問題、ということでいいのかな?
 どこかのスポーツ新聞なんかが泣いて喜びそうな判決ですね。

 高裁では、どういう判決を下すにしても、もう少しマシな言い回しを期待したいです。

 本多氏は71年、朝日新聞に、百人斬りを事実とする中国人の証言を含む記事を載せ、単行本の「中国の旅」(朝日新聞社刊)にも収録。本多氏らが執筆し、柏書房が出版した「南京大虐殺否定論13のウソ」も、百人斬りが事実だったと記述した。

 ただ、この判決は本多勝一の主張も否定していますね。判決をいいかえると、「(百人斬りは)真偽について見解が分かれ、歴史的事実としての評価は定まっておらず、明白な事実とは認められない」ということでいいですよね?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005年8月21日 (日)

VANK陥落               か?

「VANK」にサイバー攻撃…日本ネチズンの仕業か(中央日報)

 取り合えず一言。日本ネチズンなんて言わないでください。>中央日報

 そういうわけで、サイバーテロ組織「VANK」が、日本から攻撃を受けた模様。

国際的に「東海(トンへ、日本名・日本海)」表記を拡散させる活動をしている「バンク(VANK)」(www.prkorea.com)のホームページが、日本人と推定されるネチズンらからハッキングなどの「サイバー攻撃」を受け、機能がまひした

 自称IT先進国の韓国ですが、もろいものです。
 外に対しては、ひたすら攻撃的なくせに、いざ自分たちが攻撃を受けるとあっさり陥落ですか。自分たちはサイバーテロを仕掛けていながら、同様の攻撃を受ける可能性は考えなかったんですかね。

  こうした「サイバー攻撃」は、最近世界的検索業者グーグルが韓国ネチズンらの要求を受け入れ、自社の衛星写真検索サービス(グーグル・アース)で従来の「日本海」名称を「東海」に修正したことに対する反発とみられる。 さらに最近、朝日新聞が「バンク」を紹介する記事を掲載し、日本ネチズンの標的になったと推定される。

 どうやら原因は日本海の呼称問題にあるようです。
 2ちゃんねるでそのような動きがあることは知っていましたが、本当に実行したのかな。中央日報の記事でも推定の域を出ていないので何ともいえないですね。ほぼ確定かな
 もちろん、このような攻撃は誉められたことではありませんが、それを世界各国でやっていたのが「VANK」ですから、因果応報ともいえるでしょう。これでちょっとはおとなしくなってくれるといいのですが。
ムリカナ

 ところで、この記事の目玉はVANKが攻撃を受けたことではなかったりするのです。
 同じページにある記事の内容とは関係がなさそうな一枚の絵。
 そこにはこう書いてあります。

[文盲にもわかる韓国の歴史]

 えと・・・中央日報さん。こんなの載せて大丈夫なの?
 イヤ、確かにわかりやすいんだけど・・・
 面白いので、とりあえず手元に保存しときました。

追記:今見てきたら「バンク」サイトに載せられた韓国史歪曲のイメージと注釈が付いていました。しかし、これ作った人うまいなー。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005年8月20日 (土)

livedoor ニュースに「嫌韓流」の記事

【ファンキー通信】マスコミが黙殺する大ヒット漫画livedoor ニュース)

 大手マスコミがスルーする中、大手ポータルのライブドアのニュースで「嫌韓流」の記事が載っています。
 トップページのホットニュースでしっかりと人目につくように取り上げているのは誉めてあげてもいいでしょう。発信元は大手ではないのですがごく普通の記事だと思います。

 ただ、こうした「嫌韓流」という考え方は、いまに始まったものではなく、インターネットを中心に以前から静かな広がりを見せていた。しかし、本として出版されることが決定すると、同書を支持する人たちの間で話題になり、『嫌韓流』の予約と購入を呼び掛ける運動が展開されたのだった。そして、amazon.co.jpで予約販売が始まると、瞬く間に予約数だけで販売数第1位に。その事実が、翌日には韓国のマスコミで、一斉に取り上げられ、大きく注目を集めるようになったわけだ。

 amazonでのランキングは、発売からもうすぐで1ヵ月(予約開始からは1月以上)ですが、いまだに1位です。
 ここまで爆発的な売れ行きを見せるとは思っていなかったのですが、やはり多くの人が韓国という国に疑問を持っているということなのでしょう。いわゆるネットウヨによる買い支えだけでは、ここまで売れることは無いはずです。

 とはいえ、日本国内ではいまだ黙殺状態が続いている。例えば、売り上げランキングからコミックを除外して、同書がランキングから外れるようにしたり。7月26日付けの東京スポーツ新聞によると、大手新聞社が同書の広告掲載を拒否したという。
 (こうした実態が、「日本のマスコミが日韓問題の真実を報じていない」とする、同書の主張を裏付けていることになっているのだが・・・)。

 黙殺を貫く日本のマスコミ。ひたすらファビョる韓国のマスコミ。どっちもどっちですね。お国柄がよく出ているというか。
 日本のマスコミは昔ながらの、臭い物には蓋をする、を貫いているわけですが、ネットが普及してきている現在、マスコミがいくらだんまりを決め込んでも情報のコントロールはできなくなっていることに気づいてほしいですね。(情報のコントロールというよりは、扱うことによって某所から抗議が来るのが嫌なだけかもしれないですが、そんなことを言っている時点でマスコミとしてどうなのよ、と思うわけですが。)
 黙殺を貫いても、黙殺していることすら世間に知れ渡り、よりいっそうマスコミに対する不信感をつのらせるだけです。
 ですから今回のような、大手ポータルサイトにおけるマイナーどころからのニュース配信には可能性を感じますね。マイナーどころの記事の信頼性などはどうなのかということもありますが、大手マスコミだって手放しで信用できないことには変わりないです。

 本の内容を鵜呑みにすべきではないと思うが、同書を通じて日本のマスコミが報じない事実を知ってみるのもいいかもしれない。いろんな主張を聞かなければ、冷静な判断は下せないのだから。(文/verb)

 冷静に締めていますね。
 「嫌韓流」はあくまでも入り口だと思います。マンガという媒体ではそこに詰め込める情報量には、自ずと限界が出てきます。
 だからこそ、要点はしっかりと抑えてあり次のステップへの足がかりとしてはちょうどではないかと思います。
 普通の書店にもだいぶ出まわってきているみたいなので、まだ読んでいない人はぜひ読んでみてほしいです。そして、「嫌韓流」で取り上げている話題の中のどれか一つでもネットで調べて見てほしいです。
 最初は竹島かワールドカップの問題がお勧めですかね。

【参考】
竹島問題
知らされなかった韓国サッカーの“裏側”
日本だけじゃないW杯を世界はこう見た。

| | コメント (3) | トラックバック (6)

2005年8月18日 (木)

捏造はウリの文化ニダ

韓国「反日歪曲」報道 特ダネ、実は中国映画から盗用(Sankei web)

 捏造大国韓国がやってくれました。

 【ソウル=黒田勝弘】韓国のテレビが「八・一五」に特ダネとして報道した“旧日本軍による生体実験”と称する映像が、実は中国で制作された反日・劇映画の場面だったことがわかり、大誤報として問題になっている。韓国のマスコミや諸団体は反日キャンペーンのためにこの種のでっち上げ的な“歴史歪曲(わいきょく)”をよくやる。今回の誤報事件は「日本糾弾なら何をしてもいい」といった韓国マスコミの安易な反日報道の実態があらためて暴露されたかたちだ。

 開いた口が塞らないとはこのことです。これは、誤報ではなく意図的な捏造ですね。
 日本を叩くためなら後先考えずなんでもやるのが朝鮮人だということがよくわかる出来事です。
 反日映画などという朝鮮人が喜んで見そうな映画の映像を使用した捏造など、どのような結果になるかは火を見るよりも明らかだと思うのですが、反日一直線の彼らにはそこまで頭が回らないのでしょう。
 しかし、こんな映像ぐらいオリジナルで作ればいいのに捏造すらパクリというのがまた情けないです。

 放送は「ロシアの軍事映像保管所」から独自に入手した実際の記録フィルムとして特ダネ扱いだった。しかしニュースを見た視聴者から「映画の場面と同じだ」との指摘や非難、抗議の声が上がり、MBCは調査の結果、1980年代に中国で制作された劇映画「黒太陽七三一」に登場する場面であることが判明したため、翌16日夜のニュースで誤報を認め謝罪した。

 繰り返し言いますが、誤報ではなく捏造です。

 映画はカラーだったが、テレビではいかにも本物の記録のように白黒に変えられ、意図的なでっち上げ映像になっている。

 カラーを白黒に変換したというところを見てもも明らかに捏造です。

 MBC側は表向き仲介のロシア側の話を信じて入手したとし、テレビ局に悪意はなかったという姿勢だが、十分な検証を抜きにした“反日報道の垂れ流し”という批判は免れそうにない。

 そもそも韓国の反日自体が悪意の固まりですが。ナニカ?
 しかし、ロシアからの仲介などと言っていますが、後になって「やっぱり韓国内での捏造でした」みたいになりそうな予感。
 ネタの小出しは恥の上塗りを重ねるだけですよ。日本のどこかの捏造新聞社みたいに。

 とりあえず、日本は韓国に謝罪と賠償を要求しなくてはいけませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2005年8月17日 (水)

独島はウリの領土じゃなかったニダ

「独島は韓国領土」 法的根拠明文化へ(朝鮮日報)

 李成権(イ・サングォン)ハンナラ党議員は「独(トク)島」に対する観念的な領有権主張に先立ち、国内法上の根拠を明確にするため「領海および接続水域法」に鬱陵(ウッルン)道と独島を明示する改正法律案を提出した。

 現在、韓国の領土と領海を規定している法的根拠はどこにもない。

 大韓民国「憲法第3条」で「大韓民国の領土は韓半島とその付属島嶼とする」とだけ包括的に明示されており、法律第4986号「領海および接続水域法第2条1項」で「領海の幅を測定するための通常の基線は、大韓民国が公式的に認める大縮尺地図に表示された海岸の低潮線とする」とだけ表示されている。

 イタイ。イタすぎるよ。
 元々、まともな思考ができるような連中だとは思っていなかったが、それでもやっぱり斜め上を行く馬鹿さですね。
 せっかく自爆してくれたので、日本はきちんと抗議しておくように。
 ちなみに日本の場合は1905年2月22日「島根県告示第40号」で竹島の島根県への編入を公示しています。
 このときまだ独立国であった大韓帝国は、意義の申し立てをしていません。

 暗黙的に了解している韓国の島であり、大縮尺地図に韓国の領土として表示し、法的に類推して韓国の領土であると解釈するということで、実際の法律では明確に規定されたものがない。

 一部のバカ民族の脳内妄想を暗黙の了解といいますか。
 何かあるたびに「独島はウリの領土ニダ」などといいっているうちは、暗黙の了解などとはいえません。
 暗黙の了解なんてものは、日本と大陸の間の海を「日本海」と呼ぶようなことだと思うのですが。わざわざ言わなくても世界中どこへ行っても日本海は日本海なのですよ。

 改正案は「領海および接続水域法」に「独島」を明示することにより、国土領有権侵害に対抗できる国内法上の根拠を明確にする。

 先に武力進行して、あとからそれを正当化する法律をつくるなど、どこの後進国ですか。
 まあ、事後法大好き民族ですから、この程度ケンチャナヨですか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月16日 (火)

極東魔女裁判

 昨日の靖国参拝の後もう一ヵ所見てきたところがあります。
 正直参拝だけでかなり疲れたのですが、こちらも目的の一つと決めていましたから、気力を振り絞り(おおげさ)行ってきました。おかげで今日は足が痛いです。

「女たちの戦争と平和資料館」

 以前にもネタとしてとりあげたのですが、今回は実際に見に行ってネタとして取り上げてみようかなということです。

 まずは率直な感想。

女性国際戦犯法廷マンセー展示場

 資料館と言えるレベルのものではないとおもいます。

 場所は早稲田大学の近く表通りからちょっと奥まったところにあります。教会なのか結婚式場なのかよくわかりませんが、そのビルの2階の隅っこです。

kanban
入口付近の立て看板

 展示場の入り口の前には、「従軍慰安婦」といわれる女性たちの写真が展示してありましたが、名前だけで特にその経歴などは無し。全てモノクロの写真で悲壮感を演出しています。

 とりあえず、中に入ると受付みたいなものがあり入館料500円を払いました。ネタ料だとは思いながらも、やっぱりもったいないなぁ、と貧乏性のわたしは思うのでした。
 ちなみに、このとき名前とか住所も書かされた(まあ、断ることもできたのでしょうが)のですが、小心者のわたしには実名を書くなどという恐ろしい行為はできませんでした。
 余談ですが、靖国で首相の靖国参拝を求める署名をやっていたのですが、当然実名で署名してきましたよ。

 で、いよいよ展示を見て回ろうというところなのですが、初っぱなから感じたこと。狭いです。そして、人イネー。わたし以外には一人か二人ぐらいですか。スタッフのほうが多いです。
 えーと、わたしが行ったのは終戦記念日ですよ。もっと人がいるかと思ったのですけどね。それが単なるアピール不足なのか、それとも相手にされていないのかはわかりませんけど。

 中の展示物に関しては、戦時性暴力の資料館などといいつつ、日本の従軍慰安婦問題のみを取り上げ自分たちの正義の味方ぶりをアピールして日本たたきのオンパレードといったところでしょうか。

 そこにある「資料」は、「従軍慰安婦」とされる人達の証言がほとんどで、それを裏付けするような資料の展示はありませんでした。
 証言者の国籍は結構多岐にわたり朝鮮以外にも中国、台湾、東ティモールとかもありました。一応日本の慰安婦の証言もありました。が、まあ、内容的には似たりよったりです。
 また証言が破綻している黄錦周チョ・ソウンの証言は無く、26145円も稼いだリッチな慰安婦の証言もありませんでした。ただし、1日に十何人も相手にしたとか言う証言は平気で展示していましたが。それでも、証言内容には一般人がつっこんで論破できるような大きな破綻は無いように思えました。もちろん猛者がいけば瞬殺かもしれませんが。

 あとは、加害兵士の証言というのもありましたね。しかし、そこには軍規を破り暴行したという証言はありますが、慰安婦強制連行に関するものは無し。戦時性暴力の証言としてはアリなのでしょうが、戦時下での暴行は日本のみが糾弾されるべき問題でもないはずです。また慰安婦の証言と列べることによりミスリードを狙っているとも考えられます。
 ちなみに、この資料館は明らかに日本たたきの場であるため当然のことながらベトナムやチベットはスルーです。

 そして女性国際戦犯法廷で有罪となった昭和天皇や、東条英機を始めとする当時の日本の上層部の人間の展示もありました。まあ、魔女裁判による被害者たちですね。色々書いてあったような気がするのですが、なんと書いてあったか覚えてないです。そういえば、吉見義明も何か書いてましたね。狭い割には電波が強すぎて脳味噌麻痺状態です。

 展示物としては他にNHKに対する文句や、慰安所マップ、朝日新聞を中心とした新聞の切り抜きといったところでしょうか。あ、そういえば中韓の教科書らしきものも置いてありましたね。マーカーで線が引っ張ってありますが、なんと書いてあるかわかりません。

 奥のほうへいくと資料閲覧コーナーです。資料といっても吉見義明千田夏光の本だったりするわけですが。残念ながら敬愛すべき吉田清治の著書は見つけることができませんでした。
 他にも色々な書籍を集めていて、その数はなかなかのものです。各社の歴史教科書までありました。もちろん、扶桑社のものは無しです。
 関連出版物の販売なんかもやってましたね。どんな人が買うんだろうなどと思っていたら、わたし以外の数少ない客の一人の男性がビデオのような物を買っていきました。たぶん信じている口なのでしょう。知らない人が展示だけ見れば、洗脳される可能性は大ですが。

 まあ一通りのレポート?みたいなものはこんなものですかね。(かなりはしょったり抜けたりしているような気はしますが)
 はじめに書いたように女性国際戦犯法廷マンセー展示場なので、はっきりいってネタにする以外、行く価値はないです。

【参考】
女性国際戦犯法廷
ETV2001「女性国際戦犯法廷」についての朝日新聞虚偽捏造記事を論破する

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年8月15日 (月)

靖国神社に参拝してきました

 杉並教科書祭りにもいかず、帰省も短く済ませたのは、ひとえに今日靖国神社に行くためでした。ちなみに初参拝です。
 たぶん来年からは、8月15日に行くことはないと思いますが、今回は初参拝ということもあるし、戦後60年という節目の年でもあるということで終戦記念日の今日行くことにしました。

 とりあえず、朝寝坊はしなかったので適当に出発。
 お昼ちょっと前には到着しました。やっぱり人が多いですね。街宣右翼もちらほら。
 なんか毎日新聞が今日の朝刊を配ってます。ただでもらえるなら当然もらっておきましょう。ネタがあるかもしれないし。
 そのほかにも外国人参政権反対のビラとかつくる会の教科書支持のビラとかももらいました。色々やってますね。

y1 y2

 大鳥居をくぐり、そのまま進んでいくと大村益二郎の像に到着です。そのあたりでちょうど正午になり、わたしもその場で黙祷をささげました。

y3

 その後本殿を目指していったのですが、ここからの人混みは凄まじかったです。全く前に進みません。
 8月15日ということで予想はしていましたが、炎天下の中延々1時間以上かかりました。辛いです。熱中症で倒れる人も出たりで、かなりヤバめでした。

y4

 なんか途中でお守りとかおみやげとかも売っていましたが、そういうところを見ても普通の神社ですよね。
 それでもなんとか本殿までたどりつき参拝を済ますことができました。でも人が多すぎて、ゆっくり参拝は無理ですね。

 本当はこの後、遊就館も見てくるつもりでしたがあまりにも人が多いうえに、参拝するだけでかなり体力を消耗していたため、ヘタレなわたしは今日は断念です。
 次、来た時にゆっくり見ることにしましょう。
 あ、でも、パール判事の碑だけは見てきましたよ。

y5

 次はもう少し涼しくなってから、ゆっくりと参拝したいですね。

(8/16)画像追加

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005年8月14日 (日)

実は12日から休みだったり

 ちょうど良かったので杉並区の祭りに参加しようかとも考えてみました。バリバリの2ちゃんねらではないので、せいぜい隅っこのほうで生暖かく見守るのが精一杯でしょうけど。
 まあ結局考えた末、参加は断念、元からの予定通り田舎に帰省してきました。滞在は2日そこそこでゆっくりもできなかったのですが、お墓参りとお盆のお祭りは見てくることができました。
 もちろん、だぶって手元にあった「マンガ嫌韓流」はしっかり置いてきましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

杉並区の長い一日

 12日、杉並区で「新しい歴史教科書」の採択が決まりました。
 区役所近辺は、お祭り?騒ぎだったようですね。楽しそうだったのでわたしも参加したかったです。

反対派VS2ちゃんねらー(BAK-NEWS 様)

 とりあえずオメデトー、ということなんですが、この先「つくる会教科書に反対する親の会(=中核派)」などからの、嫌がらせが予想されるため戦いは始まったばかりといってもいいでしょう。

 わたしは教科書採択に関しては、採択の過程がしっかりしていればどの教科書を選んでもいいとは考えていますが、でもどうせ選ぶなら「つくる会の教科書」が良いのではないかとも思っています。そういう意味でも杉並区にはGJ!デス。

 とはいっても、今回の杉並区に「つくる会の教科書」以外の選択肢があったのかと考えてみると、どうなんでしょう。
 元々杉並区は、「つくる会の教科書」採択に前向きだったようですが、どこかのプロ市民が騒ぎだしたせいで注目の的となってしまいました。で、前回のお祭り騒ぎの時、そのプロ市民たちは中核派とズブズブ(というよりは中核派そのもの)だということが、知れ渡ってしまいます(たぶん知っている人はずっと前から知っているのでしょうけど)。自分たちの理想実現のためなら人殺しもいとわない連中です。
 そのような中で他の教科書を選ぶということは、そのまま、杉並区は暴力集団の圧力に屈した、というイメージダウンに繋がる可能性があります。
 わたし的な考えですが、全国的に注目され反対派の抗議がエスカレートしていく中、杉並区は元からの方針を貫き「つくる会の教科書」を採択する以外の道はなくなってしまったのではないかなという気がします。
 裏を返せば、反対派の自爆なんでしょうね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年8月10日 (水)

岡田 背水の陣

岡田・民主代表「政権とれなければ辞任」(YOMIURI ONLINE)

 民主党の岡田代表は9日の記者会見で、9月11日投票の衆院選について、「私は代表として重い責めを負っている。民主党が政権を取れないとなれば、代表にとどまるつもりは全くない」と述べ、政権を獲得できなかった場合には代表を辞任する考えを明言した。

 まあ、はっきりいってしまえば民主が負けた後、岡田がどうなろうと知ったことではないです。しかし、民主が勝って岡田が残る(=岡田内閣誕生)という図式だけはどう考えても受け入れがたいです。

 民主には西村眞悟氏のようにきわめてまともな人もいるのですが、代表が岡田のような電波ではとてもではありませんが、政権交代させるわけにはいきません。
 また、副代表には、反日戦士「岡崎トミ子」が名を連ねています。彼女は参議院議員のため今回の選挙には直接関係しませんが、もしも岡田内閣なんて物ができてしまったら、重要なポストにつく可能性があります。全くもって勘弁です。

 岡田氏は「今度の衆院選は、日本の将来を決める重要な選挙だ。何が何でも民主党政権をつくって、この国を変えていかないといけない」と強調した。

 中朝韓の属国まっしぐらですか?
 内政面では、自民党との決定的な差異を見いだすことはできないのですが、外交面を見ると今以上に中朝韓に媚びた政策を取るのは目に見えています。

【参考】
民主党岡 田代 表の名言集
民主党・岡田幹事長「妄言」録

 自民を熱烈に支持できるかといえば、全くもってそのようなことはなく、それどころか野党がしっかりしていれば、すぐにでも政権交代してもらいたいくらいなのですが、悲しいかな、今の民主と比べるとやっぱり自民の方がいくぶんマシなんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

復活怪人

主人公を極限状態まで追い込む強力な怪人たち。

いずれは退場する運命にあろうとも、確かにその瞬間、彼らはまばゆいばかりに輝いていました。

その散り際には、美学すら感じられます。(ホントカ?)

強烈な印象を見る者の脳裏に焼きつけ散っていく彼らですが、何の因果か奇跡の復活を果たすことがあります。

一見華々しく復活を遂げる怪人たちですが、かつての輝きなんて微塵もなし。暴君ぶりは鳴りを潜め、いともたやすく葬り去られてしまうのがセオリーです。

復活怪人、悲しすぎますよ。

所詮噛ませ犬ですよ。

お笑いのネタですよ。

そんなことなら、おとなしく死んでたほうが遥かにましですよね。

で、何が言いたいかというと・・・

現代の復活怪人たち

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月 9日 (火)

衆議院が解散しちゃいました

 仕事が終わり帰ってきてテレビをつけたら、アラびっくり。
 「郵政民営化法案」が参議院で否決され、小泉さんが衆議院を解散しちゃいました。
 参議院で否決されたのに、職を失うのは衆議院のセンセイ方というのは、いかがなものかとも思うのですが、小泉さんが決めちゃったのだから仕方がないです。
 ちなみに日程は、8月30日公示、9月11日投票だそうです。

 さて、この衆院選、表向きの争点は「郵政民営化」「行政改革」などになるのでしょうが、本当に重要なのはあまり表に出てこない「人権擁護法案」や「外国人投票権」ではないかと思います。はっきりいって、ぐだぐだになった「郵政民営化」はこの際どうでもいいです。
 純粋な国内問題はなあなあで妥協の産物でも最悪な事態は起きにくいとおもいます(もちろん内政をおろそかにしていいとはいいません)が、外国人(と言うよりは在日朝鮮人)が絡む「人権擁護法案」や「外国人投票権」はへたな妥協の産物でも成立してしまえば、とんでもないことになりかねません。
 また、売国議員が重要なポストにつくことにより、かつての河野洋平のような取り返しのつかない大失態を犯されては、日本という国が沈んでしまいます。地元の利益優先で議員を選んでも、国としての利益が失われては、結局のところ失うもののほうが大きくなることだってあり得るわけです。

 とにかく売国議員、反日議員を当選させないようにするのが、最重要課題だと思います。
 そのためにも、必ず投票にいきましょうネ。(それだけでも、公明党の議席は減りますから)

 目指すは、外交に強い日本です。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年8月 6日 (土)

李登輝さん ありがとう

戦後60年 李登輝前台湾総統インタビュー(Sankei web)

≪「首相はきちっと靖国参拝すればよい」≫

 【台北=河崎真澄】60回目の終戦記念日を前に台湾前総統である李登輝氏(82)は産経新聞と会見し、「他国が靖国神社をうんぬんする資格はなく、小泉純一郎首相はきちっと時間通りにやればよい」と述べ、小泉首相による8月15日の靖国神社参拝を支持した。 

 李氏は靖国問題をめぐり「中韓の反日運動の高まりは、その目的がどこにあるかを考えるべきだ。中韓が靖国神社への批判を始めたのは中曽根康弘元首相の時代から。日本を追い抜きたいがための政治的な要求(圧力)だろう」と指摘。「小泉首相が参拝を取りやめても何の解決にもならず、中韓は別の問題を持ち出す。小泉首相はきちっと時間通りに(参拝を)やればよい。靖国神社を他国がうんぬんする資格などない。私の実兄も祭られており、東京に行く機会があれば参拝したいと思っている」と語った。

 李氏は日本統治時代の台湾で生まれ育ったが、日本の台湾統治について「日本統治は台湾にとって大きな転換期。日本が残した教育と人材は、戦後の台湾工業化の基礎になった」と高く評価した。

 その一方で、日本の後で台湾を統治した中国国民党政権の蒋介石元総統に言及、「日本人は蒋元総統の『以徳報怨(徳をもって怨みに報いる)』との言葉と戦後賠償の放棄に感謝するが、(国民党政権が戦後)台湾で接収した日本時代の資産は工業インフラや不動産など、賠償以上の価値があった」と冷静に評価すべきだとの考えを示した。

 米中関係や今後の日本の国際的な役割に関しては「米国は戦略的に中国包囲網を作っている。中国はいくら軍拡しても米国に勝てないことを知っており、米中戦争は起きない。米国は世界の石油を握っている。日本は世界戦略の中で態度をはっきりさせねばならず、日米同盟を基軸に民主主義と自由主義の陣営にあって政治的な役割を果たすべきだ」と指摘。日本が国連安全保障理事会の常任理事国になろうとしていることについても「当たり前のこと」と支持する姿勢を示した。

 この記事を読んでちょっと感動しちゃいました。李登輝さん、カッコイイです。

 アジアに、日本を理解してくれる国があるということはすばらしいことですよね。

 ただ、このような当たり前の発言は、本当は日本の政治家の口から聞きたいと思うのです。そこが、ちと残念です。
 日本の同世代の政治家だと、中曽根サンあたりだったと思いますが、スミマセン、中曽根サンを援護する言葉が見つからないです。

 小泉さんはどうでますかね。
 ぜひ、8月15日に靖国を参拝して、歴代首相との格の違いを見せつけてほしいものです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年8月 5日 (金)

教科書 独自で選んでいいよん

 杉並区では、原産国がどこの国だかわからないナマモノが、強烈な毒電波を飛ばしていたようですね。杉並区を訪れたまっとうな日本国民のみなさま、毒電波を浴びすぎて体調を崩さぬようご自愛くださいませ。

 で、大騒ぎだった割には結局決まらなかったみたいですね。もうしばらくの間、生暖い目で見守ることにしましょう。

 そんな中、文部科学省が一つの見解を示しました。

市の教科書独自採択可能 文科省見解、不一致なら地区離脱(Sankei web)

 文部科学省の銭谷真美初等中等教育局長は3日の衆院文部科学委員会で、複数の市町村で同じ教科書を選ぶ共同採択地区で意見が一致しなかった場合、市が地区を離脱して独自に採択できるとの見解を示した。

 総社市のときに中山文科相が同じ見解を示していましたが、今回は省としても見解を示したことで、採択の自由度はさらに高まりますね。
 わたしとしては、本当はある程度は地区ごとでまとまって同じ教科書を使うほうがいいと思うのですが、どうしても意見の一致がはかれないなら、最小単位での独自採択が優先されるべきだと思います。

 新しい歴史教科書をつくる会は「市教委の採択権を保障する妥当な見解で、結果的に総社市の扶桑社採択は可能だったことになる。共同採択だが市単独では扶桑社を推している教育委員会は他にも複数あり、文科省見解に沿った対応をとってほしい」としている。

 本来ならこんなこと、いちいち見解を出さなくても当たり前のことだと思うんですけどね。
 でも、やっぱり原産国不明のナマモノには、わからないんだろうなぁ。

 ちなみに、ナマモノは、逮捕されると強烈な毒電波を発生することがありますので、気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月 4日 (木)

未来の韓国大統領降臨

: 日本の平和憲法改訂をしたら.. 韓国政府もカードを取り出す.

国交断絶( すべてのものを断絶. 甚だしくは往来まで断絶)

在日韓国人本国で送還.

 神発言ですね。ぜひとも実現に向けて頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 3日 (水)

防衛白書にファビョーン

韓国、防衛駐在官呼び抗議 防衛白書の竹島記述で(Sankei web)

 韓国国防省は3日、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)について、日本の2005年版防衛白書が「日本固有の領土」と明記したとし、在韓日本大使館の防衛駐在官の荒木文博参事官を同省に呼んで抗議した。

 とりあえず、日本で「竹島」というキーワードが出てきたら、抗議しとけということですか。
 まあ、そのキーワードを見るたびに反射的にファビョってきたせいで、韓国のバカッぷりが広く知れ渡ってきたわけですが。
 キャンキャン喚いているだけでなく、たまには日本をうならせる史料でも持ってきてくださいよ。

 国防省によると、防衛白書04年版は竹島について北方領土と同様に「領土問題が依然として未解決のまま存在している」と記していたが、05年版は「固有領土」と明記したとし「(韓国の)領土主権への挑戦行為で容認できない」と抗議した。

 国際司法裁判所で決着を着けましょう、と挑戦状を叩きつけたのに、負けるのがわかっているから何十年も逃げつづけているヘタレはどこの国でしたっけ。

 そういえば、つい最近、強襲揚陸艦に「独島」とか名づけて、「(日本の)領土主権への挑戦行為」をやってた国もありましたね。

 竹島について詳しく知りたい方はこちらがオススメ

竹島問題

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TBSの捏造報道

 「マンガ嫌韓流」を読んで、TBSによる石原都知事の発言捏造事件に興味を持った人も多いのではないでしょうか。

 わたしも、そういう事件があったな、程度の認識しかなく、できればその映像を見てみたくなったのですが、今さら当時の映像なんて見れないだろうと思っていました。報道番組をいちいち録画している人なんてあまりいないですよね。
 しかし、ネットには神と呼ばれる人は確かに存在するのです。ありましたよ。事細かく検証しているうえに、当時の映像まで保管しているサイトが。

TBS「サンデーモーニング」で石原都知事の日韓併合発言を捏造報道

 とりあえず右上のほうにあるクイックリンクの中の

問題の放送 /

 をクリックしてみましょう。

 捏造のその瞬間、およびコメンテーターのバカ発言を結構綺麗な映像で見ることができます。

 この映像を見ながら、もう一度「嫌韓流」を読むとTBSがやった無茶苦茶な捏造報道がよくわかります。どう見ても、テロップミスなんてものじゃないです。
 とはいえ、よくもまあ、こんなちゃちな捏造を全国に流したものだと、TBSの大胆さにちょっとだけ感心しちゃいましたよ。

 朝日のサンゴ事件もそうですが、ネットによって語り継がれていく意味は大きと思います。

 いや~、ネットって、ホントーにすばらしいものですね。(水野晴郎風)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

価値が無いものは売れない

NHK受信料不払い、117万1千件 歯止めかからず(asahi.com)

 NHKは2日、7月末時点での受信料支払い拒否・保留件数(速報値)が117万1000件に達したと発表した。昨年7月に発覚した元チーフプロデューサーの番組制作費着服事件から約1年間で、不払い件数は100万件を超えた。

 ついに不払い100万件突破。オメデトー!
 一年かけて大台達成ですね。記憶より記録に残る出来事です。

 現在、不払いの理由として、一連の不祥事とともに「支払わない人がいるという不公平感」「料金体系への疑問」をあげる視聴者も多いという。NHKは、公共放送の根幹にかかわる問題とみており、視聴者に一層の理解を求めていく方針だ。

 どのような理由をあげようが、最終的に行き着くところはNHKはお金を払ってまで見る価値がないということではないかな。
 同じ毒電波系のニュースを見るのなら、朝日やTBSを見ていたほうがネタになるでしょうしね。
 不祥事なんてものは、惰性で受信料を払いながらもNHKに価値を見いだせなかった人達に、不払いの口実を与えたに過ぎないと思うのです。
 NHKの体質が改善されたとして、どれほどの人が再び受信料を払いますかね。わたしは、そんなに多くはないと思うのですが。

 まあ、「視聴者に理解を求める」とかいいつつ、たまにくる受信料の催促の通知に「視聴者のみなさまへ」とかいう紙切れ一枚いれてるぐらいじゃ、体質改善自体はるか先の話でしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

nifty おまえもか

@nifty韓流

なぜにいまさら韓流やりますか。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »